櫻田毅オフィシャルブログ

「仕事の方針」は会議で話しても伝わらない

2015年9月9日

「仕事の方針」は会議で話しても伝わらない

  チームを預かるマネージャーにも、 もさまざまな人がいます。   自分の考えをマネジメント方針として チーム運営をしようとしている人もいれば、 上から言われたことを下に下ろすような、 ナンチャッテ運営をしている人もいます。   まあ、後者は今回は置いておいて、 自分のマネジメント方針をしっかりと考えて やっている人のことを考え…

続きを読む

講演会のアンケートには満点を付けると決めている

2015年9月1日

講演会のアンケートには満点を付けると決めている

  私が講演やセミナー・研修で話をするときには 来てくださった方にとって 十分に意味のある時間となるよう、 事前にかなりの準備をします。   もちろん当日も、会場の空気に神経をとがらせて 現場でさまざまなチューニングを行います。   つまらなそうな顔をした人や 居眠りをする人がいたとしたら、 それらは全て講師の責任だと思っていま…

続きを読む

「応援する力」と「応援される力」

2015年8月25日

「応援する力」と「応援される力」

  人には、 「人を応援する力」と「人から応援される力」があります。 はい、あります。   で、質問です。 あなたは、この2つの力のうち、どちらが強いでしょうか?       人は一人ですべてのことを成すことは難しく 必ず人の力を必要とします。 お金を払って対価を受け取るのもその1つですが、 「応援してもらえ…

続きを読む

前言撤回を躊躇しないために必要なこと

2015年8月11日

前言撤回を躊躇しないために必要なこと

  スティーブ・ジョブズ氏は前言撤回で有名な人でした。   たとえば、2008年に ニューヨークタイムズ紙のインタビューに対して 「Kindleは失敗するだろうと」とコメントしています。   理由として、 「人々が、もはや字を読まないという現実が問題なのだ。 米国の40%の人間は1年に1冊かそれ以下の本しか読まない。 コンセプト…

続きを読む

思考停止アタマにならないためのトレーニング

2015年8月4日

思考停止アタマにならないためのトレーニング

  思考停止に陥っているときは、多くの場合 自分ではそのことに気づいていません。 思い込みや常識に囚われて、 今あることへの疑問や新たな発想を 生み出すためのアタマの回路が遮断されているからです。 「なんか変だな・・・」という違和感センサーが 働いていないわけです。   「思考停止に陥らないためには、 どのようなことに気を付けたらよいので…

続きを読む

「仕事の成果と部下育成のバランスをとる」という甘え

2015年7月28日

「仕事の成果と部下育成のバランスをとる」という甘え

  高校野球の県予選真っ盛りですが、 ちょっとだけ、陸上競技をイメージしてみましょう。 100m先のゴールを目指して走るときと、 800m先のゴールを目指して走るとき、 はたして同じ走り方をするでしょうか? そんなことはないですね。 もちろん、ゴールに応じた走り方をします。 そうしないと、良いタイムも出ないし、競技にも勝てません。   &…

続きを読む

「言葉の信憑性」は「人の信頼性」

2015年7月21日

「言葉の信憑性」は「人の信頼性」

  今回は、まず歴史の話から。 なぜ明智光秀は織田信長に反旗を翻したのか?   理由の1つに怨恨説があります。 光秀は信長から日常的に難癖を付けられては 理不尽な扱いを受けていたそうです。 信長が徳川家康を饗応したときの 光秀の失態(?)を厳しく叱責されたことで、 ついに我慢の最終ラインを 超えてしまったとも言われています。  …

続きを読む

成長の停滞を感じる「プラトー現象」

2015年7月14日

成長の停滞を感じる「プラトー現象」

  「最近、停滞気味なんですが・・・」   コーチングのクライアントさんから、 時々、このような言葉を聞くことがあります。   特に、何か新しいことにチャレンジしている ときなどに多く見られます。   始めてしばらくは、一生懸命取り組んだ分だけ 順調に物事が進んだり成長が感じられたりしますが、 あるところまでいくと、や…

続きを読む

幕末・明治・大正・昭和を91年間生きた渋沢栄一氏の教え

2015年7月7日

幕末・明治・大正・昭和を91年間生きた渋沢栄一氏の教え

  幕末から明治・大正・昭和を生きた 日本を代表する経済人、渋沢栄一氏。   第一国立銀行(現みずほ銀行)の頭取を始めとして 91歳で亡くなるまでに、 帝国ホテル、東洋紡績、東京海上火災保険、 東京証券取引所、キリンビール、サッポロビールなど 500以上の企業の設立に関わり、 日本資本主義の父と呼ばれています。   その、渋沢栄…

続きを読む

同じ講座を4期連続で受講してくれる学生

2015年6月30日

同じ講座を4期連続で受講してくれる学生

  大正大学での講師が4期目になります。   お世話になっている方の講座の一部を 担当させていただいているのですが、 主に3~4年生を中心に、 「自分を高めるための考え方」について話をしています。   毎期、フレッシュな 学生さんたちとの出会いが楽しみです。   で、ひとつ、 私自身が驚いていることがあるのですが、 &…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら