変化の時代に人材価値を高めるために

こんにちは。櫻田毅(さくらだ・たけし)です。

第4次産業革命と呼ばれる技術革新による社会変化に対応して、各企業は事業の新陳代謝に取り組んでいます。同時に起きているのが、ジョブ型雇用に代表される「専門性」を基準とした人材価値の再評価です。私たちも、自分自身の専門性を深めることはもちろん、時代に応じて柔軟に進化させていくことで「必要とされる人」であるための人材価値を高めていく必要があります。

一方で、そのための力を磨いていくことによって、可能性にあふれた職業人生への選択肢を増やしていくことができる時代でもあります。造船会社、証券会社、米国資産運用会社での約30年にわたるビジネス経験、マネジメント経験をもとに、講演や執筆などを通して皆様の豊かな職業人生をお手伝いいたします。

【プロフィール】
人材活性ビジネスコーチ / アークス&コーチング代表
九州大学大学院工学研究科修了後、三井造船(当時)で深海調査船の開発に従事。日興證券(当時)での投資開発課長、投資技術研究室長などを経て、米系資産運用会社ラッセル・インベストメントで資産運用コンサルティング部長。その後、執行役COOとして米国人CEOと共に経営に携わる。独立後、研修や講演などを通じて、これまで1万人以上のビジネスパーソンの成長支援に関わる。日本投資顧問業協会、日本証券アナリスト協会などの委員を歴任。「全国・講師オーディション2013」にて3位。著書に『管理職1年目の教科書』『管理職3年目の教科書』(共に東洋経済新報社)などがある。

 

著書

管理職3年目の教科書
マネジャー不要時代のリーダー論
東洋経済新報社:1,650円(税込)

人材の市場価値が再評価されている時代に求められるのは、ただの管理職ではなく、ただの専門家でもなく、「マネジメントができる専門家」。日米のグローバル企業での実務経験をもとにした、人材価値の高いビジネスパーソンであり続けるための成長の書。

 

 

管理職1年目の教科書
外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール

東洋経済新報社:1,540円(税込)

なぜ迅速な決断ができるのか? なぜ権限委譲に成功するのか? なぜ自律型の人材が育つのか? 著者が日米のグローバル企業で目にした一流のビジネスパーソンの仕事ぶりから抽出した、高い生産性でチームの成果を最大化させる管理職の仕事術。

 

 

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント
成果を出し続けるチームをつくるための非常識な43のルール

ぱる出版:1,540円(税込)

日本企業の「常識」の中にはさまざまな妥協が含まれている。変化の時代に、改めてマネジメントの原点に立ち返って仕事を見つめ直すことで、生産性や成果の質をより高めることが可能となる。日米のマネジメントを比較しながら紹介する「エクセレントマネジャー」の仕事術。

 

メールマガジン

無料メルマガ

櫻田 毅

櫻田 毅

人材活性ビジネスコーチ              アークス&コーチング代表            造船会社で深海調査船の開発に従事後、証券会社で投資技術研究室長。米系企業で資産運用コンサルティング部長、さらに執行役COO。その後、豊富な実務経験に基づく研修・講演などを通じて累計1万人以上の人材開発に関わる。

無料メルマガ



お問い合わせ



東洋経済オンライン





最近の記事

  1. 市場価値が高いのは「マネジメントができるプレーヤー」

  2. ヒトデを海に戻す男

  3. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  4. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  5. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

TOP