スタバの店員に20年前のことを聞かれた理由

├チームワーク

 

外出先で少し時間があったので
スターバックスに入りました。

 

思いっきりぎこちなくカフェラテを頼んで
受け取りカウンターで待っていると、
そこに、お客様に対する店長さんの
手書きのメッセージボードが。

今年がスタバの日本上陸20周年であることに続いて、
お客様への感謝の言葉が綴られています。

 

「へー、もう20年になるんですね」
とお店の方に話しかけると、

「そうなんですよ。あっという間ですね。
本当にお客様あってのことなんです」

 

とまあ、
普通ならここで会話が終わるところなんですが、
お店の方がさらに、

 

「ところで、お客様は20年前は何をされていました?
1996年ですけど!」

と笑顔で聞いてくれました。

 

はいはい、昔話なら任せなさい!の櫻田です。

 

証券会社で・・・、とは言いませんでしたが、

「あのころは、仕事がいくつも重なって
連日深夜まで働いていましたね~」

「へー、そうなんですか!」

なんて会話をひとしきり。

 

店員さんとのこのやりとりだけで
もう、すっかりくつろいでしまって、
店でのひとときを気分よく過ごすことができました。

 

ちょうど、
日本サーバント・リーダーシップ協会主催のフォーラムで、
元スターバックスジャパンCEOの岩田松雄さんから
お話を聴かせていただいたばかりでした。

岩田さんはこのようなことをおっしゃっていました。

+++++

 

スタバには、世界共通の強烈な企業ミッションがある。
ミッションとは会社の存在意義、日本でいう企業理念のこと。

『人々の心を豊かで活力あるものにするために
~1人のお客様, 1杯のコーヒー,そしてひとつのコミュニティから』

このミッションのもとで
社員一人一人がお客様のために
自分ができることは何かを考えて
主体的に行動することを促している。

それがちゃんとできていれば、
きっとお客様は満足して下さる。

だから、スタバには、
サービス・マニュアルなんてものはない。

その代わりに、正社員もバイトも、店長も社長も
全員がお互いを「パートナー」と呼び合って尊重する文化がある。

+++++

 

さっきのパートナーさんも、
きっと、ひとりで来た見かけない客に対して
少しでもリラックスしてもらおうと思って
会話を続けてくれたんでしょう。

パートナーさん自身も
活き活きとして楽しそうでした。

 

「企業にとっての最高の商品は社員である」

という言葉を聞いたことがあります。
その通りだなと感じた土曜の午後でした。

 

IMG_3389

 

 

関連記事

無料メルマガ



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 市場価値が高いのは「マネジメントができるプレーヤー」

  2. ヒトデを海に戻す男

  3. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  4. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  5. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

TOP