「どうしたら宇宙飛行士になれるんですか?」現役飛行士は何と答えたか?

├行動力を高める

 

JAXAの一般公開に筑波宇宙センターまで行ったことは
前々回のメルマガで紹介しましたが、

その時、油井亀美也宇宙飛行士の
トークショーを聞くことができました。

 

いくつか挙げたテーマの中から
会場の人が聞きたいテーマを
順番に語るという形式で進みました。

そして、最後の質疑応答で
小学校低学年ぐらいの男の子がこんな質問を。

 

「どうやったら、宇宙飛行士になれるんですか?」

 

キタ————–(゚∀゚)—————-!!!

 

会場全体にどよめきが。

 

他の子どもたちも知りたいのでしょうし、
何より櫻田も知りたい!

 

油井飛行士、ステージから下りてきて、
質問した男の子のすぐそばに。

腰をかがめて目の高さを合わせてから
このように回答しました。

 

+++++

宇宙飛行士は、チームワークが
とても大切なんです。

だから、いまからチームワークを
しっかりと身につけておくといいと思いますよ。

○○君の一番身近にあるチームは家族ですよね。

家族というチームのために○○君がどんなことができるか、
たとえばどんなお手伝いができるか考えてやってみましょう。

でも、その時に大切なことが1つあるんです。

それは、
お父さんやお母さんから言われてやるのではなく、
自分で考えて自分から進んでやること。

これが、本当のチームワークなんですよ。

+++++

 

500人収容の会場を宇宙規模で包み込むような
懐の深~い回答です。

 

協調という名のもとに、
言いたいことも言わずに周りに従順について行くのは
チームワークではありません。

自分の主張をチームに投じて、
議論を深めることによりより良い形にしていくこと。

自分がそこに参画することで、
他のメンバーにはない価値を生み出すこと。

それを、言われてやるのではなく自ら行うこと、

これが本来のチームワークでです。

 

油井飛行士があえて、
「自分から進んで行動する」という点を強調したのは、

それが国際社会で当たり前のように求められている
にもかかわらず、私たちにはなかなかできていない、

 

もしかしたら、そういう思いの中で、
これから成長していく子どもたちに
「自分から進んで行動する」
ということを伝えたかったのではないかと思います。

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  2. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  3. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  4. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  5. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

TOP