「車輪の再発明」をやっていませんか?

├チームワーク

 

友人が勤める資産運用関係の会社では、
週2回出社の形が日常化しているそうです。

一方で、別の友人が勤める同業企業は原則出社とのこと。

同じ業界でも経営者の考え方によって、
労働形態に違いが出ているのが現状です。

さて、リモートワークであろうがなかろうが、
変わらずに進んでいくものがあります。

第4次産業革命と呼ばれる技術革新による社会変化です。

AIやビッグデータ、IoT(モノのインターネット)や
ロボット化などに代表されるデジタル技術の飛躍的な進化。

それらが、人の価値観やニーズの多様化とあいまって、
一段と多種多様な商品やサービスが生まれていきます。

20年3月に利用が開始された5G(第5世代移動通信システム)も、
デジタル革命をガンガンと後押ししていくことでしょう。

このような環境下で、ビジネスパーソンとしての私たちの
周りで起きているのが、より一層の専門性の多様化と細分化です。

席が隣同士の人でさえ得意とする分野の知識やスキル
が異なってきて、自分の得意なことは分かるが、
それ以外のことはよく分からないというケースが増えてきています。


そこで起きてしまうのが「車輪の再発明」です。

————————–
横方向の相互支援
————————–

「車輪の再発明」とは、もとは”reinventing the wheel”という英語の言い回しです。

車輪の存在を知らずに乗り物を作ろうとしたら、
あれこれやっているうちに、結局、車輪を発明した。

最初から車輪の存在を知っていたら、もっと早く乗り物を作れたのに。

つまり、すでに存在するもののことを知らなかったために、
時間を無駄にしてしまうという意味です。

いちから調べたことを、実は隣の人がすでに調べていた。
逆に、自分過去に作った資料と同じような資料を、隣の人がまた作っている。

そのようなとき、「こういう技術がすでにあるよ」
「この資料が使えるかもしれないよ」「やったことがあるので参考になれば」
――日頃から、このように教え合う仲間がいれば、どれだけ助かることでしょう。

これは、組織的な上下方向の関係ではなく、チームメンバー同士で
情報を共有しながら助け合おうとする、横方向の相互支援関係です。

チームにどれだけそのような文化があるかで、
今後の成果や生産性は大きく変わってきます。

—————————————————-
「お互い様精神」が生きてくる時代
—————————————————-

私が資産運用コンサルティングの仕事をしていた米国企業には、
この点で良いチーム文化がありました。

たとえば、コンサルタントが担当顧客からの問い合わせに対して
回答資料を作成しようとするとき、
「いま、このような問い合わせに対して回答を準備中」という情報を
チーム内で共有します。

何の反応もないときもありますが、
「私も同じような案件に対応中」「参考資料をどうぞ」
「たしか、米国のKさんが詳しいよ」などのレスポンスが、
同僚コンサルタントから一斉に返ってくるときもあります。

それによって、車輪に関する情報が一瞬で集まり、
最大効率・最短時間で的確な回答を作成することができるのです。

そうでなくても、このような情報が常に共有されていれば、
後日、別のコンサルタントが「そういえば誰かこの案件をやっていたな」
と思い出して協力を求めることもできます。

これは、
メンバー同士が「win-win」の関係となることはもちろん、
チーム全体の生産性も高まるようなチーム文化です。

専門性がより多様化、より細分化していく時代には、
横方向の相互支援の力があるチームが、高い生産性で成果を出していくチームです。


私たち日本人が古くから大切にしてきた

「お互い様の精神」が、いまこそ生きてくる時代なのです。

 

関連記事

無料メルマガ



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 市場価値が高いのは「マネジメントができるプレーヤー」

  2. ヒトデを海に戻す男

  3. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  4. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  5. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

TOP