「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

├問題解決力を高める

 

コーヒー豆の生産量ランキングでは、ブラジル、ベトナム、コロンビア、
インドネシアが4強です。特に1位のブラジルは2位ベトナムを倍以上引
き放すほどのコーヒー豆大国です。

そのブラジルで、1920~30年代にコーヒー豆の大豊作により豆の価格が大
暴落、農民が困窮に落ちるという事態が発生しました。

農産物の輸出が財政を支えている国家的な大ピンチです!

指をくわえてみている訳にはいかないブラジル政府は、大量に余ったコー
ヒー豆を何とか加工商品として売ることができないかと考え、世界最大級
の総合食品会社ネスレ社に話を持ち込みます。

この話を受けて、試行錯誤、悪戦苦闘の末にネスレが開発したのが、イン
スタントコーヒー『ネスカフェ』です。皆さんご存じの、その後の世界的
な大ヒット商品です。

窮余の策とは言え、コーヒー豆の大豊作&価格暴落を「仕方がない」とし
て放置するのではなく、別の商品として収益化できるチャンスではないか
と考えたブラジル政府とネスレの「ピンチはチャンス」です。

-----------
「思考のクセ」が反応を決める
-----------

ブラジル政府とネスレが「ピンチはチャンス」を現実のものとした裏に
は、次の3つの考え方があります。

(1)ピンチをチャンスに変えようとするプラス思考
(2) 従来とは違ったアプローチ
(3) 関係者がwin-winの関係になるような打開策

劇的なスピードで環境や人が変わっていく昨今においては、いつピンチが
訪れてもおかしくありません。いや、毎日がピンチなのかもしれません。
私たちは、普段からこのような視点で仕事をしていくことが大切なのでは
ないかと思います。

ちなみに、この3つの考え方を逆にしてみるとどうなるでしょうか。

(1’)ピンチを嘆くだけのマイナス思考
(2’)従来と変わらぬアプローチ
(3’)弱者だけに負担を強いるような打開策

なんだか、上手くいかない人の思考パターンのようですね。

 

起きた事態に対してどう反応するかは、その人の「思考のクセ」です。
ラス思考のクセの人は、状況に関わらずポジティブに反応するでしょう
し、マイナス思考のクセの人はネガティブに反応します。

「思考のクセ」は行動へとつながり、仕事や人生に影響を与えていきま
す。

私たちが喜ぶべきことは、どのような「思考のクセ」を持つかは、自分で
決めることができるということです。「クセ」は気づきさえすれば、直すこ
とができるのですから。

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



ブログ新着記事

  1. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  2. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  3. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  4. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

  5. 「なぜ、そんなことをやってしまうのか?」と部下に腹がたったとき

TOP