マーク・ザッカーバーグ氏のハーバード大学でのスピーチ

├感情のマネジメント

 

仕事への意欲を高める要因はいくつかありますが、
何のためにその仕事をやっているのかといった
「目的意識」を持つこともその一つです。

 

目的意識と言っても、
収入を得るためとか家族のためということよりも、
仕事そのものが持っている価値や意味のことです。

 

自分が行っている仕事の意味を
誰かの押しつけではなく『自分なりに』定義できると
仕事への意欲を高めやすくなります。

 

フェイスブックの共同創設者のマーク・ザッカーバーグ氏が
ハーバード大学で行ったスピーチで、
J.F.ケネディ元大統領のエピソードを引用して
目的意識の重要性を語っています。

 

↓ここから引用 +++

 

かつて、ケネディ大統領が
NASA(アメリカ航空宇宙局)を訪問した際、
デッキブラシをかついだ掃除担当者に
「あなたは何をしているのですか?」と聞いたところ、

担当者は、
「大統領、私は人間を月に送り込む手伝いをしているのです」
と答えたそうです。

目的意識とは、
私たちが自分たちの存在よりも大きな何かに参加して、
そこで自分が必要とされていること、
未来へ向けての何かに役に立っているということ、
そういう感覚なのです。

(多少意訳しています)

 

↑ここまで引用++++

 

同じ掃除でも「床を拭いている」と思うのか
「人間を月に送る手伝いをしている」と思うのか、
解釈ひとつで仕事の意味が大きく変わってきます。

 

私もかつて、
「こんな仕事なんて……」
と思ってしまうときがありました。

 

しかし、世の中に意味のない仕事など
何一つないのです。
意味がないと思い込んでいる自分がいるだけなのです。

 

 

ザッカーバーグ氏が言う、

「自分たちの存在よりも大きな何かに参加して、
そこで自分が必要とされていること」

いまやっている仕事の先にあるものが
いったい何なのかを
自分で考えて自分で定義することができれば、

より楽しく、より意欲的に仕事をするための
一つの要因になります。

 

 

「あなたは何をしているのですか?」

と聞かれた時、
あなたは何と答えるでしょうか。

 

ザッカーバーグ氏のスピーチはこちら

 

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



ブログ新着記事

  1. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  2. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  3. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  4. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

  5. 「なぜ、そんなことをやってしまうのか?」と部下に腹がたったとき

TOP