巣ごもりで固まってしまったアタマを解きほぐす

├情報アクセス力を高める

 

 

最初に問題です。

地図、CD、時計、カメラの共通点は何でしょうか?

ちょっと考えてみてください。

 

 

 

もう少し考えてみてください。

 

 

 

正解は、かつては独立していたものが、いまは1つのスマホの中で機能化さ
れているものです。

言われてみるとどうってことないんですが、少し考えて正解を出せる人と、
いくら考えてもダメな人がいます。何が違うかというと、アタマの中で思い
浮かべているものの違いです。

-------------
巣ごもりで生活がマンネリ化した結果・・・・・・ 
-------------

正解を出せない人は、アタマの中で「地図、CD、時計、カメラ」そのものを
映像として思い浮かべています。でも、いくら地図とCDを比べても、なか
なか正解にはたどり着きません。

これに対して正解を出せる人は、「地図を見ている人、音楽を聴いている人、
時間を確認している人、写真を撮っている人」を思い浮かべています。

モノそのものではなく、それらが使われている状況をイメージしているので
す。現に、正解が出ない人に「自分が使っているところをイメージしてくだ
さい」とヒントを出すと、多くの人が「あっ、わかった」となります。

 

これは、アタマの柔軟性です。

 

コロナ禍で外出が制限され、リモートワークでひとり仕事の時間が増えてく
ると、どうしても生活が単調になりがちです。その結果、視野が狭くなり、
思考も単調となり、アタマの柔軟性が失われていきます。

このようなときにアタマの柔軟性を取り戻すには、意識して「新しい体験」
をすることが効果的です。マンネリ化しがちな日常に、非日常的な刺激を与
えてくれるからです。

-------------
新しい概念に触れる
-------------

最近の私にとっての「新しい体験」は、友人が紹介してくれた『13歳から
のアート思考』という本を読んだことです。

よくある美術鑑賞入門的な本ではなく、美術作品を通して「自分だけのもの
の見方」が育まれていくような内容です。


(この先ネタバレ注意)

 

たとえば・・・・・・

岡山の大原美術館で、有名な『モネの睡蓮』を見た4歳の男の子が「蛙がい
る」と叫んだそうです。しかし、大人たちはどうやっても蛙を見つけること
ができません。ある学芸員の人が「どこにいるの?」と訪ねたところ、男の
子はこう答えたとのこと。

 

「いま水にもぐっている」

 

これこそが、自分だけのものの見方で作品を鑑賞するということです。

このような新しいアート鑑賞の概念が作品の写真とともに述べられており、
それが、私にとっての「新しい体験」でした。「新しい概念」に触れること
で脳に刺激が与えられ、アタマの柔軟性が保たれるような気がします。

「新しい体験」は、別に大げさなものである必要はありません。新しいジャ
ンルのDVDを観た、新しい作家の本を読んだ、新しい人と知り合った、新し
い考え方を知ったなど、身近にたくさん機会はあります。

ただ、待っているだけではそれは訪れないので、普段とちょっとだけ違う行
動をすることがポイントです。

あなたは最近、どのような新しい体験をしましたか?

 

 

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  2. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  3. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  4. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  5. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

TOP