巧遅は拙速に如(し)かず

├最速の仕事術

 

今年6月に社長に就任した富士通の時田隆仁氏が
『週刊東洋経済(9月21日号)』でこのような話をされています。

 

ある銀行向けの商談で、
中国系のベンチャー企業に競り負けたことがある。

彼らは客から話を受けた翌日に、
タブレット上で操作できるアプリの試作品を作ってきた。

一方、我々は1週間後にスライドを使って提案しただけだった。

実際の敗因はわからないものの、
我々は素早い開発スタイルに転換し切れていない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初の1枚をいかに早く出せるか 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私が経験した米国資産運用企業での仕事の進め方が、

この中国系ベンチャーのやり方によく似ています。

 

たとえば、
社内で何か新しいアイデアを形にしようと思ったとき、
じっくり考えた企画書で議論にかけるのではなく、
とりあえず「すぐに」メモを1枚作って、
「すぐに」関係者と議論する。

 

その場で内容の妥当性を確認しながら必要な修正を施して、
「すぐに」行動に移すというパターンです。

 

ポイントは、十分な情報がない中で
この最初の1枚をどれだけ早く出せるかです。

何のために、
いつまでに、
何をやって、
その結果何が変わり、
ビジネスにどう影響するのか。

これを、目下の経営戦略や業務方針と整合的な内容で、
「断定的に」決め打ちで箇条書きにします。

これが抽象的な表現や曖昧な内容になっていると、
議論も抽象的なものになり前に進まないので、
思い込みでかまわないので「断定的に」書くことが大切です。


私の周りにいた「できる」ビジネスパーソンは

高スピードでこの最初の1枚を出す力に優れていました。

彼らとて、十分な自信があるわけではなく、
わからないことだらけの状態です。

しかし、とにかく決めて行動することで、
不足していた情報は磁石のように集まってくる。

だから、方向性さえ間違っていなければ
雑でもかまわないから早く出すことが重要。

そう考えています。

もちろん、その後に判明した必要な修正は
躊躇せずに反映することも当然としています。


じっくりと考えてからスタートするよりも、

この方法の方が最終的に早くて質の高いアウトプットとなります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
「巧遅は拙速に如(し)かず」
ーーーーーーーーーーーーーーー


「やるからわかる」というのが米国企業、

「わかってからやる」というのが日本企業、

この考え方の違いが、日系企業を2~3倍上回るといわれる
外資系企業のスピードを生んでいるように思います。

米国企業に限らず、冒頭の中国系ベンチャー企業も
「やるからわかる」の精神で
顧客にぐいぐいと食い込んでいったのではないでしょうか。

 

「巧遅は拙速に如(し)かず」
という中国の言葉があります。


できあがりがいくら立派でも遅いのは、

できがまずくても速いのに及ばない、という意味です。

彼らは古くからある、
この中国の精神を引き継いでいたのかもしれませんね。

 

じっくり考えているうちに、
周りはどんどん先に進んでしまうという現実、

考えているだけでは正解は見つからないという現実、

試行錯誤を高速で繰り返すことで
やがてゴールが見えてくるという現実。

私たちは、この3つの現実から目をそらすべきではありません。

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  2. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  3. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  4. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  5. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

TOP