ダイヤモンド・オンライン連載:「任せられる人がいない」と愚痴る上司が、根本的に間違っているワケ

『ダイヤモンド・オンライン』で連載中の「管理職大淘汰!生き残る『上司力』」に寄稿しました。

部下への権限委譲ができないという管理職の悩みをよく聞きます。信頼して任せたいのだが、任せられる人がいないとのこと。結局、自分で仕事を抱えてしまい、目の前のことに忙殺されている日々から抜け出せないそうです。しかし、日本と米国、両方の企業でのマネジメント経験から見ると、このような管理職の皆さんは、権限委譲について根本的な勘違いをしています。それが理解できない限り、この問題は解決されません。

会員限定記事ですが、簡単な登録で2ページ目以降も読むことができます。

 

 

 

 

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. ヒトデを海に戻す男

  2. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  3. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  4. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  5. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

TOP