ダイヤモンド・オンライン連載:部下の「頑張ります」に満足するのは二流上司、一流上司がかける一言とは

『ダイヤモンド・オンライン』で連載中の「管理職大淘汰!生き残る『上司力』」に寄稿しました。

日本の職場では、部下と上司が「頑張ります」「頑張ってくれ」という会話を交わす場面がよく見られます。やる気のエールを交換するという意味では、悪くはありません。しかし、この「頑張る」という言葉には、実は部下の思考を止めてしまう危険性があります。いったい、どういうことなのでしょうか。さらに、正しい「頑張る」の使い方とはどのようなものなのでしょうか。

会員限定記事ですが、簡単な登録で2ページ目以降も読むことができます。

 

 

 

 

無料メルマガ



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 上司を説得するのが上手な人の共通点は?

  2. 市場価値が高いのは「マネジメントができるプレーヤー」

  3. ヒトデを海に戻す男

  4. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  5. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

TOP