60秒で自分を客観視できる簡単な方法

├自己理解

 

人がどう思おうが、
自分が信じることをやっていくことはもちろん大切です。

 

私もそうありたいと思っています。

 

でも、時には自分を客観視して、
軌道修正の必要がないか、
もっと学べることはないか、
うーん、このままで本当にいいのかな、

なんて考えてみることも大切です。

 

 

 

いやいや、そんなことわかっとりますが、
そーは言っても、
他人に「俺ってどう?」って聞くのもねえ・・・

 

はい、そんなあなたに、
簡単に自分を客観視できる便利な方法があります。

 

なにかというと・・・・・・

 

あなたの周りに自然といる人たちを
4~5人思い浮かべてみましょう。

 

 

『その人たちがあなたの鏡です。』

 

 

周りにいる人たちが、
生き生きと楽しく仕事をしているのであれば、
それはあなたも生き生きと楽しく仕事をしているから。

 

周りにいる人たちが、
やさしくて思いやりのある人たちであれば、
それはあなたもやさしくて思いやりのある人だから。

 

周りにいる人たちが、
自信がなくても自分らしく頑張っている人たちであれば
それはあなたも、たとえ自信がなくても自分らしく頑張っているから。

 

周りにいる人たちが、
何かに果敢に挑戦している人たちであれば、
それはあなたも何かに果敢に挑戦しているから。

 

 

 

周りに自然といるというのは、
組織上の上司、部下、同僚や会社関係の顧客など、
自分の意志とは関係なく接している人のことではなく、

仕事やプライベートに関係なく、
お互いの意志で「なんとなく」身近にいる人たちのことです。

 

 

やさしい人はやさしい人といるときが落ち着き、安心します。

挑戦する人は、同じような人との会話が弾みます。

批判的な思考の人には、やはり批判的な思考の人が集まってきます。

 

 

自然と周りにいる人たちの中に
あなたと同じ一面が鏡のように映し出されています。

 

昔から「類は友を呼ぶ」って言いますよね。

「牛は牛連れ、馬は馬連れ」とも言うそうです。

 

 

こんな視点で、周りの人たちを通じて
自分を再発見してみたらいかがでしょうか。

 

 

 

「ま・ま・まわりには変な人ばっかですが・・・」

 

あなたが一番変な人かも知れませんよ(笑)。

 

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



ブログ新着記事

  1. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  2. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  3. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  4. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

  5. 「なぜ、そんなことをやってしまうのか?」と部下に腹がたったとき

TOP