「時の花」を咲かせる

├100歳人生を生きる

 

当代きっての人気狂言師、野村萬斎さん。

 

48歳になった昨年、
野村家に伝わる254演目の頂点に立つ一子相伝の秘曲
『狸腹鼓(たぬきのはらつづみ)』に初めて挑みました。

 

師匠であり父親である人間国宝の野村万作さん(83歳)の
後ろ姿をずっと追いながら生きてきた自分が
この究極の演目をどう演じるのか、

 

苦悩しながらも挑戦していく様子をNHKの番組
『プロフェッショナル~仕事の流儀』が追っていました。

 

 

番組の中で、父親の野村万作さんが、
「時の花を咲かせる」という言葉を使っていました。

 

 

子供のころからやっていれば技術は身につく。

 

しかし、そのまま固めてしまうのではなく、
それに自分を加えて初めてその人の世界になる。

 

20代、30代・・・60代、70代、80代
それぞれの歳でしか咲かせることができない
「時の花」がある。

 

 

「時の花を咲かせる」

 

狂言という伝統芸能の世界だけでなく
私たちの生き方にも示唆を与える言葉です。

 

 

一方、息子の野村萬斎さんもこう言っています。

 

ここまでの自分は、父親からの学びで成り立っているが、
いま、その自分とは違う面を探している。

それは、体力とか若さでは演じきれないものである。

 

 

これまでの積み重ねを踏まえたうえで、
体力とか若さで演じるのではない自分を求めて、
すなわち「48歳の時の花」を求めて、
苦悩と試行錯誤の日々が続きます

 

そして、悩みに悩み、考えに考え抜いた末に、
大一番の見せ場で、独自の振り付けを取り入れた
野村萬斎の『狸腹鼓』を演じ切ります。

 

同じ舞台でその様子を見ていた万作さんの
あふれんばかりの笑みが印象的でした。

 

 

「いわゆる守破離ですね」なんて、
当事者でもない者が軽々しく口にすることを
はばかるような迫力のある舞台です。

 

 

これまで手にしたものを大事にしながらも、
いくつになっても新しい自分を
探しながら進化することで
その歳ならではの「時の花」を咲かせることが、

私たちもできると思います。

 

 

あなたはいま、
どのような「時の花」を咲かせているのでしょうか?

 

 

関連記事

無料メルマガ



メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」



お問い合わせ



ブログ新着記事

  1. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

  2. 「思い込み」を捨てると問題そのものがなくなる

  3. 外に目を向けると自分のことがよくわかる

  4. 「この年だから」が口癖の人には近づかない

  5. 「なぜ、そんなことをやってしまうのか?」と部下に腹がたったとき

TOP