日本で一番混んでいる「東西線」が大好きな理由

├自己研鑽

 

私は、
『平成26年度 東京圏における主要区間の混雑率』(国土交通省)
で、栄えある第1位に輝いた「東西線」で通勤しています。

 

通勤ピーク時の平日朝8時台、
木場駅~門前仲町駅の混雑率 200%!!

 

一旦ドアが閉まったら、
頭の先から両手両足つま先まで、
微動だにできない状態、

ギリシャ神話のメデゥーサを見て
カチカチに固まった石像群です。

 

もちろん、
LINEできない、ゲームできない、
新聞読めない、マンガ読めない、
苦痛に耐えて思考もストップ。

 

でも、私はこの東西線が大好きです。

なぜなら、
車内で年間百冊以上の本が読めるからです。

 

というのも、ピークの
1時間半前に通勤しているからです。

 

メデゥーサ街道の木場駅~門前仲町駅に
さしかかるのが7時前ですから、
まだ余裕たっぷりのスペースで、ゆっくりと読書できます。

 

人より少し早起きをするだけで、
東西線は読書にうってつけの快適な書斎になっており、
サラリーマン時代から続けているこの読書習慣が、
私の人生に豊かな彩りを添えてくれます。

 

人は生まれてから死ぬまで、
時間という流れの中を生きています。

つまり、時間は「命」そのものです。

 

少しばかりの自分の意思で、
時間の使い方を工夫すれば、
命をより意味あるものとして使うことができるのです。

 

関連記事

無料メルマガ



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 市場価値が高いのは「マネジメントができるプレーヤー」

  2. ヒトデを海に戻す男

  3. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  4. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  5. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

TOP