関取は1場所で10㎏やせる

├できる人の仕事への姿勢

 

先日、某相撲部屋の親方と
小一時間ほど話をさせていただく機会がありました。

 

気さくに何でも話してくださるのをいいことに、
調子に乗ってドスコイ、ドスコイと質問攻めにしていまい、
「へー」とか「ほー」とか「すごっ!」とかいう話を
たくさん聞かせてもらいました。

 

特に印象的だったのは、
場所中のとんでもない重圧のことです。

 

個人勝負で「勝つか負けるか」という日が
15日間続くわけです。

そのため、
場所が始まる2週間前からは完全に禁酒して、
身体と精神を最高の状態に持っていくそうです。

 

取り組み相手は前日にしか分からないため、
連日連夜、相手をビデオで研究したり、
頭の中で何度も立ち会いのシミュレーションを繰り返す。

 

ひたすら勝負のことだけを考えているため、
張り詰めた緊張が、ずーーーーーーっと続き、
「もう、逃げ出したい」と思うことも。

さらに、
成績がいいと、より上位の力士に当てられるため、
不安も加わり精神的にも肉体的にも
限界を超えるような重圧を感じるそうです。

 

場所中は、このような
「逃げたくても逃げられない状態」が15日間続き、
酒どころか食事も喉を通らず、
なんと「1場所で10㎏はやせます」って。

すごっ!

 

しかも、これを1ヵ月おきに
年6回繰り返すわけですから、

もう1回「すごっ!」です。

 

重圧に押しつぶされないためには?

とお聞きすると、
普段の練習でそれ以上の状況に身を置き、
体力と精神力を養うしかないとのこと。

つーことは、場所がない月も
相当厳しい練習をしているということ、

3回目の「すごっ!」です。

 

私も、「仕事は毎日が勝負だ」なんて
軽々しく口にしてしまいますが、
聞けば聞くほど次元が違う・・・

 

いやいや、
次元が違うという感覚自体が
まだまだ甘っちょろいのかもしれません。

 

しかし、大酒飲みの力士の皆さんが
場所ごとに約1ヵ月も禁酒をしている
(しかも年6回)というのは意外でした。

やっぱり、だれしも、
人からは見えないところで当たり前のように厳格な
自己管理をしているんですね。

あらためて、背筋がしゃんとしました!

 

関連記事

無料メルマガ



お問い合わせ



東洋経済オンライン





ブログ新着記事

  1. 市場価値が高いのは「マネジメントができるプレーヤー」

  2. ヒトデを海に戻す男

  3. ハリー・ポッターの著者ローリング氏の映画化の悩みとは?

  4. 再就職できる管理職とできない管理職の決定的な違い

  5. 「大ピンチ」から生まれた世界的なヒット商品

TOP