櫻田毅オフィシャルブログ

「車輪の再発明」をやっていませんか?

2021年2月16日

「車輪の再発明」をやっていませんか?

  友人が勤める資産運用関係の会社では、 週2回出社の形が日常化しているそうです。 一方で、別の友人が勤める同業企業は原則出社とのこと。 同じ業界でも経営者の考え方によって、 労働形態に違いが出ているのが現状です。   さて、リモートワークであろうがなかろうが、 変わらずに進んでいくものがあります。 第4次産業革命と呼ばれる技術革新による…

続きを読む

合理性のカタマリである米国企業で「1on1ミーティング」が定着している理由

2020年12月1日

合理性のカタマリである米国企業で「1on1ミーティング」が定着している理由

    2019年7月、富士通が生産性やイノベーションの向上を目的として、 以下のような「ニューノーマル」に向けた働き方改革の取り組みを公表しました。 ・約8万人の国内グループ従業員は、製造拠点や顧客先常駐者などを除いて テレワーク勤務を基本とする。 ・全席フリーアドレスとし、2022年までに現状のオフィス規模を50%削減する。 ・幹部社…

続きを読む

10分考えても決められないときは永遠に決められない

2020年11月16日

10分考えても決められないときは永遠に決められない

    『管理職1年目の教科書』でも取り上げていますが、 仕事の生産性を高めるためには「迅速な決断」が必要です。 ふだん私たちは、 真剣に考えても決めることができないとき、 さらに時間をかけて考えようとします。 しかし、10分間考えても決められないときは、 おそらく1時間考えても決めることはできないでしょう。 なぜならば、 それは考えてい…

続きを読む

会議への「なんちゃって出席」を許さない

2020年10月16日

会議への「なんちゃって出席」を許さない

      コロナ禍の影響でリモート会議が日常的になってきたかと思いますが、 外資系企業の会議でよく飛び交う言葉が、 「What do you think?(あなたはどう思うの?)」 です。   どのような場合でも必ず自分の考えを述べる、 というのが外資系の基本ルールです。   そもそも、自分の意見を持たない…

続きを読む

巧遅は拙速に如(し)かず

2019年12月24日

巧遅は拙速に如(し)かず

  今年6月に社長に就任した富士通の時田隆仁氏が 『週刊東洋経済(9月21日号)』でこのような話をされています。   ある銀行向けの商談で、 中国系のベンチャー企業に競り負けたことがある。 彼らは客から話を受けた翌日に、 タブレット上で操作できるアプリの試作品を作ってきた。 一方、我々は1週間後にスライドを使って提案しただけだった。 実際…

続きを読む

使える時間を少なくすると仕事の質は高まる。

2016年9月20日

使える時間を少なくすると仕事の質は高まる。

  逆説的のようですが、これが正解です。   というのは、 仕事の質が何で決まるかというと、 それは担当者の業務能力なんですわ。   たとえば、能力5の人が 1日でやった仕事があるとしますね。 では、能力1の人が5日かければ 同じ質のものができるかというと・・・ なわけないです。   5日かけようが10日かけようが 質…

続きを読む

仕事が早い人は「ちょっとだけよ~ん」が得意

2016年9月6日

仕事が早い人は「ちょっとだけよ~ん」が得意

  複数の案件を抱えまくって、 「うわーっ、もうこれ以上無理!」 って叫びたくなることって結構ありませんか?   でも、そんなときでも、 来るときゃ来るのが仕事です。   もっとも、 相手もその辺の事情を察して、 「来月でいいからね」 「今の仕事が一段落ついてからでいいから」 と配慮はしてくれますが、 「でも、遅くとも来月末まで…

続きを読む

車も馬も同じ、モンゴル国民の「乗ってりゃ運転できるようになる」

2016年4月26日

車も馬も同じ、モンゴル国民の「乗ってりゃ運転できるようになる」

  2年ほど前に、諸々の要件で モンゴルの首都ウランバートルに行ったときのことです。   乗せてもらった車がトヨタのプリウス、 日本から輸入した思いっきりの中古車でした。   んで、よく見ると、 フロントパネルを始めとして、 車内の文字が全て日本語のまま。   「もしかして、取説も日本語?」 とモンゴル人の運転手さんに…

続きを読む

前言撤回を躊躇しないために必要なこと

2015年8月11日

前言撤回を躊躇しないために必要なこと

  スティーブ・ジョブズ氏は前言撤回で有名な人でした。   たとえば、2008年に ニューヨークタイムズ紙のインタビューに対して 「Kindleは失敗するだろうと」とコメントしています。   理由として、 「人々が、もはや字を読まないという現実が問題なのだ。 米国の40%の人間は1年に1冊かそれ以下の本しか読まない。 コンセプト…

続きを読む

即断即決 << 即断即行

2015年6月23日

即断即決 << 即断即行

  たまには金融業界で働いていた 片鱗を見せようかと思いまして・・・   えー、景気が悪くなるとですね、 景気刺激策として 政府がお金をじゃんじゃん使って 公共事業を起こすという対策があります。   それを起点として、 雇用が生まれ、生産が増え、 所得が増え、消費が増え・・・・・・ と好循環に発展することを 期待するものです。 …

続きを読む

メールマガジン「櫻田毅の人材価値向上講座」

無料メルマガ【輝業力通信】

ブログの内容をメルマガでお届けします(無料)。配信は月1回をめどに不定期です。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 結果を出す仕事力
  • 自己成長への行動習慣
  • 外資系企業の働き方
  • 成果を出すチームづくり
  • モチベーションを整える
  • 上司/部下との信頼関係
  • 100歳人生を生きる
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

管理職3年目の教科書 管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール