櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

狂いが生じた「行動規範のコンパス」を修正する

2020年9月4日

狂いが生じた「行動規範のコンパス」を修正する

    新型コロナウイルスにより、 ほとんどの人が生活や仕事に大きな影響を受けています。 経済的に厳しい状況に追い込まれている人も少なくありません。 このようなときは、人の行動にも様々な変化が起きてきます。   活動自粛に反するような行動が報道されると、 ネット上には激しいバッシングのコメントがあふれかえり、 大量の「いいね」が…

続きを読む

デキる人は環境をどのようにコントロールしているのか?

2020年2月28日

デキる人は環境をどのようにコントロールしているのか?

  ドイツの社会学者のクルト・レヴィンは、 「人の行動はその人個人の特性と環境との相互作用の結果である」 として、人の行動法則を以下のように表しています。 ————————– 【レヴィンの行動法則】 B=f(P,E) B (Behavior;…

続きを読む

巧遅は拙速に如(し)かず

2019年12月24日

巧遅は拙速に如(し)かず

  今年6月に社長に就任した富士通の時田隆仁氏が 『週刊東洋経済(9月21日号)』でこのような話をされています。   ある銀行向けの商談で、 中国系のベンチャー企業に競り負けたことがある。 彼らは客から話を受けた翌日に、 タブレット上で操作できるアプリの試作品を作ってきた。 一方、我々は1週間後にスライドを使って提案しただけだった。 実際…

続きを読む

「この仕事しか知らない」と言う人は、その仕事を知らない

2019年11月13日

「この仕事しか知らない」と言う人は、その仕事を知らない

  1990年代に証券会社に勤めていたときの話です。 私が課長として担当していた業務は、 数学や統計を利用した証券市場分析や資産運用の開発といった、 当時の日本ではまだ新しい分野でした。   当社を含めた各証券会社が、 その分野に一斉に取り組み始めていました。   理論的なお手本は米国にあったので、 まずは、それをトレースするこ…

続きを読む

問題の「構造」に目を向ける

2019年9月30日

問題の「構造」に目を向ける

    米国系の会社にいたとき、 米国人の上司と週1回、1対1で定期的なミーティングを行っていました。 いわゆる、ワン・オン・ワン・ミーティングです。 日常の業務報告は都度メールで行っていたので、 相談や提案事項、サポートして欲しいことなど、 対面で話した方がよいことのみをギュッと圧縮して行います。   ある日のミーティングです…

続きを読む

ヘッドハンターが要求した能力とは

2019年8月25日

ヘッドハンターが要求した能力とは

  かつて米国系企業で 米国人CEOとともに会社の運営を担っていた時の話です。 知己のヘッドハンターから、別の米国系企業の 駐日代表としての職を打診されたことがあります。 日本でもまだ新しい分野へ進出するに当たって、 ビジネスを牽引できる人を探しているとのこと。   「先方が望んでいるのはどのような人なのですか?」と尋ねると、 「試験問題…

続きを読む

確証バイアス~「地球は平面だ」と主張する集団

2019年7月24日

確証バイアス~「地球は平面だ」と主張する集団

    日本版Newsweek誌2019/7/2号によると、 「地球は平面だ」と主張する「フラットアース論者」の集団が、 米国で活動を活発化させているそうです。   ウケ狙いのユーモア集団ではなく 世間から嘲笑、中傷されることを覚悟の上で、 大真面目にフラットアース論を主張しているとのこと。   NBA選手が賛同の意を…

続きを読む

「スゴいですね」と言われたとき、何と返しますか?

2019年7月2日

「スゴいですね」と言われたとき、何と返しますか?

    仕事をしていると、時々、 「さすがですね。スゴいですね!」と言われることがあります。 いや、私だけでなく、ほとんどの人は何かの折りに 「スゴいですね!」と言われたことがあるのではないでしょうか。   頼まれた仕事に「えっ、もうできたの」と 高スピードで対応したとき。   「そこまでよく気づいたね!」と、 細かい…

続きを読む

判断力のない社員が多すぎる?

2019年3月22日

判断力のない社員が多すぎる?

    「知識はあるが判断力がない社員が多すぎる」 ある企業の幹部・Aさんが、こう漏らしていました。   それなりの経験と専門知識で、 決まった仕事を決まった形でこなすのは得意。 仕事ぶりも真面目で堅実である。   しかし、経験したことのない局面や 厳しい二者択一を迫られるような場合では、 的確な判断ができないとのこと…

続きを読む

安易に「日本らしさ」へ逃げない

2019年2月5日

安易に「日本らしさ」へ逃げない

  心理学で「確証バイアス」という言葉があります。   簡単に言うと、 「人は、自分を正当化する情報ばかりを集めようとする」 ということです。   自分の考えの正しさを補強するような情報には 敏感に反応する一方、 自分の考えを否定するような情報には 目をつぶる傾向があるのです。   ——&#82…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 結果を出す仕事力
  • 自己成長への行動習慣
  • 外資系企業の働き方
  • 成果を出すチームづくり
  • モチベーションを整える
  • 上司/部下との信頼関係
  • 100歳人生を生きる
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール