櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

人を「志援」する

2014年1月14日

 

私は、コーチングや講演、
セミナーやコンサルティングを通じて、
人の成長を支援する仕事をしています。

 

しかし、私の気持ちを込めて、あえて、
人の「支援」ではなくて人の「志援」だと思っています。

 

つまり、「志(ココロザシ)」のある「支援」です。

 

 

 

私は、いまの仕事の先に、
「こういう世の中が実現したらいいな」という想いを持っています。

 

それは、『元気に働く大人で一杯になる社会』です。

 

 

これまで、様々な場で、

最近の若者は・・・とか

ウチの若手は・・・・とか

最近の子どもは・・・とか

 

自分よりも若い年代の主体性のなさ、行動力のなさ、
仕事への甘え、社会常識のなさなどに
愚痴をこぼす人をたくさん見てきました。

 

 

しかし、よ~くよく見てみると
そんなことをいっているご本人様が、

 

部下には強いが上司の顔色ばかりうかがっていたり、

管理職なんてきついだけ、って部下の前で愚痴っていたり

本気で良いものを目指そうとするプロ意識に欠けていたり

リスクをとって変化することに尻込みしていたり

 

なんてことが、これまた、とっても多いわけです。

 

 

a0008_001843

 

 

でもですね、

部下は上司の姿を見て育ちます。

若手は先輩の姿を見て育ちます。

子どもは親の姿を見て育ちます。

 

つうことは、

 

年下の彼らに主体性がなかったり、
行動力がなかったりするのであれば、
それは、我々に大きな責任があるわけです。

 

社会や組織に対する自分の存在意味を認識し、
人の気持ちに配慮しながらも、自分の軸を持って主体的に考え、
とるべきリスクをとって行動し、生き生きと楽しく仕事をして、
そして、しっかりと成果を出している。

 

私は、こんな、皆が憧れるような大人をまとめて
『元気な大人』」と表現しています。

 

このような大人を見た人達が、
ああ、自分もあんなふうになりたいなとか
仕事って楽しそうだなとか、
本気の姿ってまぶしいなとか、
大人っていいなって、思ってくれれば

ほっておいても
そのように育っていくのではないかと思うんです。

 

 

ですから私は、仕事を通じてこのような大人を
たくさん「志援」していきたいと思っているんです。

 

 

もちろん、何はさておき、
私自身が元気な大人であり続けようとする姿勢を見せることが、
最も大切なことだと思っています。

 

『元気に働く大人で一杯になる社会のために、
自ら人生を愉しみ、成長しようとする姿勢を示し続ける』

 

人生の指針としている、私のミッション・ステートメントです。


無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール