櫻田毅オフィシャルブログ

102歳の現役サラリーマン!

2014年6月10日

 

「何歳まで働くの?」

最近こういう会話が増えてきました。

 

櫻田はいま57歳ですが、
同じ年代の会社勤めの友人たちは、
ぼちぼち役職定年、関係会社への移籍、
人によっては早期退職など、

彼らの言う「着地点」を探し始めているようです。

 

 

でも、「着地点、着地点」って
口では言ってはいますが、
ホンネは、まだまだ次のことを見つけて
飛び続けていたい・・・

こんな感じの人が多いようです。

 

 

私が「何歳まで働くの?」って聞かれたときには、
「お客さんがいる限り」って答えています。

 

要するに、
私を必要としてくれる人がいる限り、
何歳まででも働き続けたいなと。

 

なぜなら、そこに楽しみや喜びがあるから。

 

私の場合、
コーチングや研修、講演を行う個人事業主ですので、
十分実現可能なことだと思っています。

 

な~んて、ちょっと偉そうなことを考えていたこのごろですが、
先日、とんでもない人がいることを知りました。

 

 

「102歳の現役サラリーマン!」

 

 

自営業でも経営者でも、ましてや名誉職でもなく、
会社員としてちゃんと仕事をして給料をもらっている・・・

明治45年(1912年)生まれの102歳、福井福太郎さんという方です。

 

ads

 

 

ご本人の著書、
『100歳、ずっと必要とされる人』(日経BP社)で知ったんですが、

 

大学の助手をしていたが、戦争で9年間の軍隊生活、
戦後の自営業等を経て、49歳でサラリーマンデビュー。

いまの仕事は、宝くじの販売委託会社で
お金の勘定の手伝いやトラブル時の相談。

毎日、東海道線と山手線を乗り継いで
1時間の電車通勤をしている。

96歳の時に退職を申し出たところ、
「ずっといてほしい」と慰留された。

 

などなど、
「ちょっと、ちょっと、ちょっと」って
叫びたくなるような仕事人生です。

 

 

「お客さんがいる限り」とか言いながら、
なんとなく70歳過ぎぐらいまでかな~なんて
テキトーなことを考えていた私を、

「ゴチャゴチャ言わずに働け!」って、
もう、後ろから羽交い締めにしてほしいです。

 

 

「なぜその年まで働き続けられるのですか?」

 

おそらく100万回ぐらい聞かれたこの質問に対して
福井さんは、

「働くのは本能だから」

 

 

「本能」って・・・

もう何も言えね櫻田です。

 

なんも言えねえ代わりに少しばかり思ったのは、
仕事というのは「本能だから」って
言わしめるような力を持っているんだなあ。

 

 

「本能」を辞書で引くと、
動物が生まれながらに持っている性質や行動力、とあります。

 

福井さんにとって働くということは、
生まれながらに持っている性質や行動力ってことなんです。

 

天から与えられた命を人のために使う利他の心、
それができる自分自身に対する喜び、
働くことでそれがかなう、

そのようなことを書いておられました。

 

 

仕事っていうのは、
人に無上の喜びと幸せをもたらす力がある、

素敵な笑顔の福井さん写真を見ながら
「うん、働くっていい!」って
あらためてひとり頷いた櫻田でした。

 

 

「何歳まで働くの?」って言っている方!

別に日経BPの回し者ではありませんが、ぜひご一読を。

 

『100歳、ずっと必要とされる人』(福井福太郎、日経BP社)

 

 


無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら