櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

チャンスは自分でつくるもの

2014年9月2日

 

私は、大学時代は工学部で造船学を専攻していました。

 

ある日、大学の近くの港に『日本丸』という
帆船が入港するという情報を掴みました。

 

建造から50年近くたっていますが、
船員になる人たちの訓練航海船としてバリバリ現役の帆船です。

 

 

「おおーっ!これは何が何でも見に行かねば!」と
造船学科の友人T君のバイクの後ろに乗せてもらい、
さっそく港に駆けつけました。

 

停泊中で帆はたたんでいましたが、
「太平洋の白鳥」と呼ばれている
天にも昇るような美しい3本マストの雄姿は荘厳でした。

 

船首から船尾まで行ったりきたりしながら
ただただ眺めていましたが、
そのうち、乗船したくてたまらなくなってきました。

 

 

デッキから降りている階段には

「関係者以外立ち入り禁止」とくっきりはっきり書かれている
掲示板が鎮座ましましています。

 

その横には、
怖い顔した訓練生のオニーサンさんが仁王立ちです。

 

 

 

が・・・、
ここで、魔が差したというか、
悪智恵がひらめいたというか、

「あの~、大学で造船を専攻しているんですけど~
勉強の一環として~、船を見学させてもらえませんでしょうか~?」

って、仁王様に聞いてみたんです。

 

そしたら…

 

 

a0002_005845

 

「少々お待ち下さい(キリッ!)」って、
デッキに上がって偉そうな人と話をしてから降りてきて、
「どうぞこちらへ(キリッ!)」って許可してくれたんです。

 

「ワーオ!」です。

 

 

そのあと、船内くまなく案内していただき、
嬉しいやら恐縮するやら。

 

「いうてみるもんやな~」と、
人生初の現役帆船乗船のチャンスをものにできたことを
T君と喜び合いました。

 

 

入港情報を掴み、実際に港まで見に行き、
ダメ元でもお願いしたからこその結果です。

 

 

 

 

「弱い人間はチャンスを待ち、強い人間はチャンスをつくる」

 

「成功者の研究」に生涯を捧げた
米国人オリソン・S・マーデンの言葉です。

 

彼は、
ヘンリー・フォード(自動車)
ジョン・D・ロックフェラー(石油)
アンドリュー・カーネギー(鉄鋼)の御三家から、

ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、
スティーブン・スピルバーグなどの我らがスーパーヒーローまで

成功者の考え方、姿勢、心情や行動を研究し、貴重な成果を残しています。

 

 

この言葉は、
「チャンスが来たら確実に掴む」なんちゅう、
そこらにあるような考え方を超越して

「チャンスなんて自分でつくり出すもんでっせ!」

と成功者は考えていますよ、と伝えています。

 

最近、本の中でマーデンのこの言葉に触れて
『日本丸』話をふと思い出した櫻田でした。

 

 

あなたは、
自分でチャンスをつくっていますか?

 

 


無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール