櫻田毅オフィシャルブログ

失敗がもたらす幸福

2015年2月24日

 

まあ、好き好んで失敗をする人は
あまりいないでしょうが、
でも、何かに挑戦している限り
普通に失敗はします。

 

「失敗は成功への一里塚」
とか

「失敗しない人はさほど賢くはない」
とか

「つまずくことが失敗ではない、
起き上がらないことが失敗である」
など、

失敗を否定せずに、成功のための糧としよう!
という趣旨の格言は山のようにあります。

 

なかには
「4本の足を持つ馬でさえつまずく」
なんて、思わず吹いてしまうような
イギリスのことわざまで。

 

確かに、起きてしまった失敗によって
失うものに目を向けるよりも、
失敗から得るものに目を向けた方が
少しは楽しくなるでしょう。

 

a1180_013714_m

 

さて、失敗によって
得ることができるものの中に、
「本当の仲間」があります。

 

 

成功したときは、勝手に人は寄ってきます。

協力的ではなかった人や馬鹿にしていた人、
評論家よろしく批判していた人や、
「こいつ誰?」という人からも、
連絡が来たりします。

 

逆に、失敗したときには
多くの人が遠巻きに様子をうかがいます。

そら見たことか、やっぱりな、
あれじゃうまくいかないよ、巻き込まれたくない、
などなど・・・。

 

でも、このようなときに声をかけてくれる人、
手を差し伸べてくれる人、助けてくれる人がいたとしたら、
彼らが「本当の仲間」です。

 

失敗するたびに本当の仲間が増えていく!

これって、結構、いいと思いませんか?

 

 

ただし、その人たちの数は、
これまで自分が手を差し伸べた人の数と同じです。

 

「苦しいときに誰も助けてくれない」
と思うのであれば、
それは、人が苦しいときに自分が助けてこなかったからです。

 

「一生懸命やっているのに分かってくれない」
と思うのであれば、
それは、一生懸命やっている人を
これまで分かろうとしてこなかったからです。

 

 

人の人生を応援する人が
自分の人生も応援してもらえます。

 

応援してもらうためには、「応援する」です。

 


無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら