櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

「人生(LIFE)」の中にある「もし(IF)」をどう考えるかで人生が変わる

2015年3月24日

 

「人生」のことを英語で表現すると”LIFE”です。

んで、そのスペルをよーく見てみると、
LIFEの中にIF(もし)が隠されています。

もちろん、誰の人生にも「もし」があるでしょう。

でもですね、

やらなかったことを
「あのとき、もしやっていたら・・・」と考えたり

言えなかったことを
「あのとき、もし言っていたら・・・」と悔いてみたり

違う選択肢を
「もし、こっちを選んでいたら・・・」とくよくよしてみたり

 

過ぎてしまった過去を「もし」で振り返るのは
あんまり意味がありません。

 

 

どうしようもないことに目を向け続けても
何も変わらないどころか、身体から力が奪われてしまいます。

 

a1180_008767_m

 

 

逆に、未来へ向けての「もし」は、
身体に力と気力を与え、何かを変えるエネルギーとなります。

 

 

「もし、今やれることがあるとすれば何だろう?」

「もし、自分にできることがあるとすれば何だろう?」

「もし、少しでも良くなることがあるとすればそれは何だろう?」

 

人生(LIFE)の中のIF(もし)を、
過去のものとしてとらえれば、後悔する人生になりますが、
未来へ向けたものとしてとらえれば、希望に満ちた人生となるでしょう。

 

 

どちらを選ぶかは、はい、あなた次第です!

 

 

 

そうそう、
LIFEの中にはLIE(うそ)も隠れているので、
そこにも注意しておきましょう。

 

 


無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 結果を出す仕事力
  • 自己成長への行動習慣
  • 外資系企業の働き方
  • 成果を出すチームづくり
  • モチベーションを整える
  • 上司/部下との信頼関係
  • 100歳人生を生きる
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール