櫻田毅オフィシャルブログ

「バナナジュース」から学ぶ人間関係の不思議

2016年12月6日

 

おはなし『バナナジュース』

 

マンションに一緒に住んでいる
二人の女性がいました。

友達の紹介で1ヵ月前から
ルームシェアすることになったのですが

「実はぁ、関ジャニ∞が好きなの・・・」

「エッ、ウソッ、わたしも!」

で一気に距離感も縮まり、
「いい人でよかった!」と喜んでいる二人です。

 

 

ある休日の午後、
「バナナジュースを作ろうよ!」
ということになりました。

ミキサーを前にして
「バナナとぉ、牛乳とぉ、おーし、これでよし」

 

と、ここで片方が「レモン汁入れるよ (^_^)v」

「ウソッ!ないない、ないわーー」ともう片方 (>_<)

 

「だって、風味も増すし、黒い色も薄くなるんだよ」

「ないない、余計なものは一切なしだわ」

 

「だって、○%&×△#□$・・・」

「いーや、#△%×$○&□・・・」

 

そして、「んじゃ、作るのやーめた」

 

 

この日を境に、
二人の関係はぎくしゃくしはじめ、
しばらくして、
ひとりが部屋を出て行きました。

「バ・バ・バ・バ・バナナとミルクで~♪」と、
関ジャニ∞の『バナナジュース』を口ずさみながら。

 

 

a0960_003404_m

 

 

最後のオチは、まあ付け足しとして
さて、皆さんは何をお感じになったでしょうか。

 

仕事や日常でも、このようなことが時々起きます。

大筋は合意しているにも関わらず、
細部の意見の食い違いによって、
そのもの自体がダメになることって。

 

バナナジュースを作って飲むという
共通の目的は一致しているにも関わらず、

レモン汁を入れるかどうかという小さなことで、
バナナジュースを作ること自体を止めてしまったのです。

 

 

どっちが得をしたのでしょうか?

 

もちろん、どちらも得をしない
最悪の”Lose – Lose”です。

 

 

どっちかが折れて

「完璧ではないがまあいいか」

「んじゃ、今回は譲るわ」

「できたあとで自分だけレモン汁垂らすもんね」

 

これで、それなりの”Win-Win”に
なったにも関わらず。

 

 

人って不思議です。

だって、
二人がほぼほぼ得をすることよりも、
二人とも損をすることを選ぶんですから。

 

 

あなたも気づかずに
“Lose – Lose”を引き起こしていませんか?

 


無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら