櫻田毅オフィシャルブログ

前言撤回を躊躇しないために必要なこと

2015年8月11日

前言撤回を躊躇しないために必要なこと

  スティーブ・ジョブズ氏は前言撤回で有名な人でした。   たとえば、2008年に ニューヨークタイムズ紙のインタビューに対して 「Kindleは失敗するだろうと」とコメントしています。   理由として、 「人々が、もはや字を読まないという現実が問題なのだ。 米国の40%の人間は1年に1冊かそれ以下の本しか読まない。 コンセプト…

続きを読む

「仕事の成果と部下育成のバランスをとる」という甘え

2015年7月28日

「仕事の成果と部下育成のバランスをとる」という甘え

  高校野球の県予選真っ盛りですが、 ちょっとだけ、陸上競技をイメージしてみましょう。 100m先のゴールを目指して走るときと、 800m先のゴールを目指して走るとき、 はたして同じ走り方をするでしょうか? そんなことはないですね。 もちろん、ゴールに応じた走り方をします。 そうしないと、良いタイムも出ないし、競技にも勝てません。   &…

続きを読む

「言葉の信憑性」は「人の信頼性」

2015年7月21日

「言葉の信憑性」は「人の信頼性」

  今回は、まず歴史の話から。 なぜ明智光秀は織田信長に反旗を翻したのか?   理由の1つに怨恨説があります。 光秀は信長から日常的に難癖を付けられては 理不尽な扱いを受けていたそうです。 信長が徳川家康を饗応したときの 光秀の失態(?)を厳しく叱責されたことで、 ついに我慢の最終ラインを 超えてしまったとも言われています。  …

続きを読む

即断即決 << 即断即行

2015年6月23日

即断即決 << 即断即行

  たまには金融業界で働いていた 片鱗を見せようかと思いまして・・・   えー、景気が悪くなるとですね、 景気刺激策として 政府がお金をじゃんじゃん使って 公共事業を起こすという対策があります。   それを起点として、 雇用が生まれ、生産が増え、 所得が増え、消費が増え・・・・・・ と好循環に発展することを 期待するものです。 …

続きを読む

アリストテレスの説得術

2015年6月9日

アリストテレスの説得術

  かつて、私が働いていた金融業界で、 あるパネルディスカッションを聞いたときの話です。   当時話題になっていたあるテーマについての話ですが、 パネリストの一人は、面識のあるXさんでした。   押しの強い論客で、自説を理路整然と しかも、熱く語っていて、 何人もの聴衆がXさんの話にうなずいています。   私も、聞いて…

続きを読む

10年勤続で8週間の連続有給休暇!なぜ、これが実現できるのか?

2015年6月2日

10年勤続で8週間の連続有給休暇!なぜ、これが実現できるのか?

  タイトルは、私が勤めていた 米国系の資産運用会社のことです。 10年勤続すると 8週間連続の有給休暇がもらえる!!!! という、とんでもない制度ですわ。   10年間会社に貢献してくれてアリガトね! 家族とでもゆっくり過ごしてエネルギーを チャージして、また次の10年をよろしく!   まあ、こういう主旨です。   …

続きを読む

部下評価における上司の「心理的な罠」

2015年5月26日

部下評価における上司の「心理的な罠」

  上司の大切な仕事の1つが、部下の業績評価です。   「業績評価シート」のような所定のフォームで、 複数項目について「5点満点の4」などの 点数をつけ、上司コメントを記入する、 このような方式が一般的かと思います。   部下の昇給や昇格、ボーナス金額に影響するため、 私も、一人一人の顔を思い浮かべながら、 時間をかけて慎重に記…

続きを読む

新人研修で知った新入社員の気持ち

2015年4月28日

新人研修で知った新入社員の気持ち

  今年も、それぞれの会社に新入社員が入ってきました   「こいつら、まずは社会常識から教えないと、なーんもわかっとらん」 こんな先輩の声が聞こえてきそうです。   しかし、新人研修を通じて感じたのは、 新人たちは、自分たちと先輩たちとの間に 常識ギャップがあることは十分わかっています。 であるがゆえに、かなり神経質にもなってい…

続きを読む

問題が繰り返されるときには、その奥に潜む構造に目を向ける

2015年4月21日

問題が繰り返されるときには、その奥に潜む構造に目を向ける

  外資系の会社にいたとき、米国人の上司と週1回、 1対1で定期的なミーティングを行っていました。 業務報告は日々メールで行っていたので、 相談や提案事項、サポートして欲しいことなど、 対面で話した方がよいことのみをギュッと圧縮して行います。   ある日のミーティングです。 明らかに彼の機嫌が悪いのです。 普段は、ジョークを交えながら明る…

続きを読む

意図せずに、マネジメントに専念しなければならなくなったとき

2015年3月31日

意図せずに、マネジメントに専念しなければならなくなったとき

  3月のコラム 『管理職はマネジメントに専念するのが理想か?』 に対して、いくつものコメントをいただいています。   大きく分けると、 「組織の生産性、部下の育成、自分のこと、いずれの点からも、 管理職はプレーイング・マネージャー以外あり得ない」 という意見と 「会社の仕組み上、一定の年次以上になると、 マネジメントに専念することを求め…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら