櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

問題の「構造」に目を向ける

2019年9月30日

問題の「構造」に目を向ける

    米国系の会社にいたとき、 米国人の上司と週1回、1対1で定期的なミーティングを行っていました。 いわゆる、ワン・オン・ワン・ミーティングです。 日常の業務報告は都度メールで行っていたので、 相談や提案事項、サポートして欲しいことなど、 対面で話した方がよいことのみをギュッと圧縮して行います。   ある日のミーティングです…

続きを読む

確証バイアス~「地球は平面だ」と主張する集団

2019年7月24日

確証バイアス~「地球は平面だ」と主張する集団

    日本版Newsweek誌2019/7/2号によると、 「地球は平面だ」と主張する「フラットアース論者」の集団が、 米国で活動を活発化させているそうです。   ウケ狙いのユーモア集団ではなく 世間から嘲笑、中傷されることを覚悟の上で、 大真面目にフラットアース論を主張しているとのこと。   NBA選手が賛同の意を…

続きを読む

安易に「日本らしさ」へ逃げない

2019年2月5日

安易に「日本らしさ」へ逃げない

  心理学で「確証バイアス」という言葉があります。   簡単に言うと、 「人は、自分を正当化する情報ばかりを集めようとする」 ということです。   自分の考えの正しさを補強するような情報には 敏感に反応する一方、 自分の考えを否定するような情報には 目をつぶる傾向があるのです。   ——&#82…

続きを読む

強みを自覚する

2018年6月5日

強みを自覚する

  コーチングでは、 クライアントさんの持っている「強み」を明らかにするための セッションを行うことがあります。   クライアントさんが何かに挑戦するときや 問題解決を願うとき、 強みを活かしたアプローチで 結果が出やすくなることがあるからです。   にもかかわらず、 本人が自分の強みを認識していないことがあります。 &nbsp…

続きを読む

我々は、なぜ一流だと言えるのだろうか?

2018年5月15日

我々は、なぜ一流だと言えるのだろうか?

  外資系企業に勤めていたときのことです。   米国の本社で、 私が担当していたビジネスの各国の責任者が集まる グローバル・ミーティングに出席しました。 議長のビジネス部門総ヘッドの米国人Bさんから、 出席者に向けて、このような問いかけがありました。   —————&#…

続きを読む

専門性のスクラップ・アンド・ビルド

2017年7月4日

専門性のスクラップ・アンド・ビルド

  最近、ビジネスパーソンが仕事をするうえで必要な、 「専門性」について考える機会がありました。   これまでも、 一人のビジネスパーソンが備えている知識や専門スキルの 領域を表す言葉として、 「I型人材」や「T型人材」などがよく使われてきました。   「I型人材」は、縦方向の棒で専門性に深さを表します。 すなわち、細分化されて…

続きを読む

油をくすねていた売り子を見つけた油屋・斎藤道三。最高の経営判断で店も客も売り子もウハウハに!

2016年11月8日

油をくすねていた売り子を見つけた油屋・斎藤道三。最高の経営判断で店も客も売り子もウハウハに!

  司馬遼太郎の『国盗り物語』の中に、 若き日の斎藤道三の 次のようなエピソードが出てきます。     僧侶から還俗したのち、 入り婿としてとなった京都の油屋で、 道三は売り子たちの悪徳を発見する。   売り子がマスで量った油を客の壺に入れるとき、 ほんのわずかをマスの底に残して、 それを溜めて着服しているのだ。 &n…

続きを読む

できる人は「持論」をバージョンアップさせている

2016年8月30日

できる人は「持論」をバージョンアップさせている

  今回は、「持論を展開する」 ということについてです。   人の話を聞かずに 自分のことばかり言う人がいます。   自分の尺度で物事を 断定的に決めつけてしまいます。   自分の価値観を軸に持論を展開するのです。       一方で、人の話に耳を傾ける人もいます。   いきなり…

続きを読む

深海調査船が海底で動けなくなったらどうするのか?

2016年8月2日

深海調査船が海底で動けなくなったらどうするのか?

  かつて造船会社に勤めている時、 深海調査船の開発・設計をやっていました。   ・・・ということもあり、 今回は久しぶりに深海ネタを。     日本が世界に誇る深海調査船といえば 『しんかい6500』です。   水深6,500mまで潜航でき(地球上の海底の98%をカバー!) 1回の潜水・調査・浮上を9時間か…

続きを読む

「もっと楽に仕事ができる方法、何かないですかねえ?」

2016年2月9日

「もっと楽に仕事ができる方法、何かないですかねえ?」

  時々、タイトルのような言葉を聞きます。   たいてい、 どうでもいいような飲み会で、 あまり仕事がぱっとしない人の口から出てきます。   自分でその答えを真剣に探している様子もなく、 愚痴とも諦めともつかないような エネルギーどど下がりの口調が定番です。   「知るか!」 で済ませてもいいのですが、 私はこのように…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 結果を出す仕事力
  • 自己成長への行動習慣
  • 外資系企業の働き方
  • 成果を出すチームづくり
  • モチベーションを整える
  • 上司/部下との信頼関係
  • 100歳人生を生きる
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール