櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

確証バイアス~「地球は平面だ」と主張する集団

2019年7月24日

確証バイアス~「地球は平面だ」と主張する集団

    日本版Newsweek誌2019/7/2号によると、 「地球は平面だ」と主張する「フラットアース論者」の集団が、 米国で活動を活発化させているそうです。   ウケ狙いのユーモア集団ではなく 世間から嘲笑、中傷されることを覚悟の上で、 大真面目にフラットアース論を主張しているとのこと。   NBA選手が賛同の意を…

続きを読む

「スゴいですね」と言われたとき、何と返しますか?

2019年7月2日

「スゴいですね」と言われたとき、何と返しますか?

    仕事をしていると、時々、 「さすがですね。スゴいですね!」と言われることがあります。 いや、私だけでなく、ほとんどの人は何かの折りに 「スゴいですね!」と言われたことがあるのではないでしょうか。   頼まれた仕事に「えっ、もうできたの」と 高スピードで対応したとき。   「そこまでよく気づいたね!」と、 細かい…

続きを読む

安易に「日本らしさ」へ逃げない

2019年2月5日

安易に「日本らしさ」へ逃げない

  心理学で「確証バイアス」という言葉があります。   簡単に言うと、 「人は、自分を正当化する情報ばかりを集めようとする」 ということです。   自分の考えの正しさを補強するような情報には 敏感に反応する一方、 自分の考えを否定するような情報には 目をつぶる傾向があるのです。   ——&#82…

続きを読む

学習を妨げる思考の癖(クセ)

2018年8月7日

学習を妨げる思考の癖(クセ)

  人の成長には「学習」が不可欠です。 同じ職場で働き同じような経験をしても、 どんどん成長していく人と、 ほとんど成長しない人がいます。   それは学習力の差です。   この差が発生する要因として、 ベースとなる知識の範囲や量、 論理的な思考力の違いなどがありますが、 もう一つ大きく影響を及ぼすものは「思考の癖」です。 &nb…

続きを読む

我々は、なぜ一流だと言えるのだろうか?

2018年5月15日

我々は、なぜ一流だと言えるのだろうか?

  外資系企業に勤めていたときのことです。   米国の本社で、 私が担当していたビジネスの各国の責任者が集まる グローバル・ミーティングに出席しました。 議長のビジネス部門総ヘッドの米国人Bさんから、 出席者に向けて、このような問いかけがありました。   —————&#…

続きを読む

マーク・ザッカーバーグ氏のハーバード大学でのスピーチ

2017年6月20日

マーク・ザッカーバーグ氏のハーバード大学でのスピーチ

  仕事への意欲を高める要因はいくつかありますが、 何のためにその仕事をやっているのかといった 「目的意識」を持つこともその一つです。   目的意識と言っても、 収入を得るためとか家族のためということよりも、 仕事そのものが持っている価値や意味のことです。   自分が行っている仕事の意味を 誰かの押しつけではなく『自分なりに』定…

続きを読む

認識価値ギャップ

2017年5月2日

認識価値ギャップ

  外資系の企業で外国人たちと一緒に働いていると、 いろいろと面白いことがあります。   ある日、米国本社から出張してきた幹部の一人Kさんが、 「サクラーダサン、シツモン! 日本人はどのようにして日本語の文章をパソコンで打てるの?」   アルファベットしか並んでいないキーボードから、 どうやって漢字が生み出されていくのか、 米国…

続きを読む

できる人は「持論」をバージョンアップさせている

2016年8月30日

できる人は「持論」をバージョンアップさせている

  今回は、「持論を展開する」 ということについてです。   人の話を聞かずに 自分のことばかり言う人がいます。   自分の尺度で物事を 断定的に決めつけてしまいます。   自分の価値観を軸に持論を展開するのです。       一方で、人の話に耳を傾ける人もいます。   いきなり…

続きを読む

どんな「他流試合」をしていますか?

2016年2月23日

どんな「他流試合」をしていますか?

  私が証券会社に勤めていた30代のころの話です。   米国・スタンフォード大学名誉教授の ウィリアム・シャープという先生との、 共同研究プロジェ口に参加していました。   合理的な資産運用の考え方が大きく遅れている日本が、 最先端を行く米国の第一人者の力を借りようというわけです。     このシャープ先生、…

続きを読む

「批判する人は才能が無い人」と言う映画界の巨匠

2015年6月16日

「批判する人は才能が無い人」と言う映画界の巨匠

  あなたは、 映画監督の山田洋次さんってご存じですか? 『男はつらいよ』シリーズの監督、 『釣りバカ日誌』シリーズの脚本家、 と言えば、それなりの年代の人は すぐに分かるでしょうが、 とにかく日本映画界を代表する巨匠です。   その山田監督が、映画プロデューサーの村元気さんとの 対談の中で、若い世代に向けて、 このようなメッセージを投げ…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 結果を出す仕事力
  • 自己成長への行動習慣
  • 外資系企業の働き方
  • 成果を出すチームづくり
  • モチベーションを整える
  • 上司/部下との信頼関係
  • 100歳人生を生きる
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール