櫻田毅オフィシャルブログ

専門性のスクラップ・アンド・ビルド

2017年7月4日

専門性のスクラップ・アンド・ビルド

  最近、ビジネスパーソンが仕事をするうえで必要な、 「専門性」について考える機会がありました。   これまでも、 一人のビジネスパーソンが備えている知識や専門スキルの 領域を表す言葉として、 「I型人材」や「T型人材」などがよく使われてきました。   「I型人材」は、縦方向の棒で専門性に深さを表します。 すなわち、細分化されて…

続きを読む

「失敗から学べ」と言われても、やっぱり凹んでしまう

2017年1月24日

「失敗から学べ」と言われても、やっぱり凹んでしまう

  成長していくためには 失敗から学ぶことは大切です。 それが、成功への必須条件の ように言われたりもします。   エジソンを始めとして、 失敗から学んだ先人たちの エピソードも山ほどあります。 「失敗、サイコー!!」ってか?   しかし、 寝食忘れてむちゃくちゃ頑張って、 これ上できないというほど準備して、 ここ一番の大勝負に…

続きを読む

油をくすねていた売り子を見つけた油屋・斎藤道三。最高の経営判断で店も客も売り子もウハウハに!

2016年11月8日

油をくすねていた売り子を見つけた油屋・斎藤道三。最高の経営判断で店も客も売り子もウハウハに!

  司馬遼太郎の『国盗り物語』の中に、 若き日の斎藤道三の 次のようなエピソードが出てきます。     僧侶から還俗したのち、 入り婿としてとなった京都の油屋で、 道三は売り子たちの悪徳を発見する。   売り子がマスで量った油を客の壺に入れるとき、 ほんのわずかをマスの底に残して、 それを溜めて着服しているのだ。 &n…

続きを読む

使える時間を少なくすると仕事の質は高まる。

2016年9月20日

使える時間を少なくすると仕事の質は高まる。

  逆説的のようですが、これが正解です。   というのは、 仕事の質が何で決まるかというと、 それは担当者の業務能力なんですわ。   たとえば、能力5の人が 1日でやった仕事があるとしますね。 では、能力1の人が5日かければ 同じ質のものができるかというと・・・ なわけないです。   5日かけようが10日かけようが 質…

続きを読む

関取は1場所で10㎏やせる

2016年8月23日

関取は1場所で10㎏やせる

  先日、某相撲部屋の親方と 小一時間ほど話をさせていただく機会がありました。   気さくに何でも話してくださるのをいいことに、 調子に乗ってドスコイ、ドスコイと質問攻めにしていまい、 「へー」とか「ほー」とか「すごっ!」とかいう話を たくさん聞かせてもらいました。     特に印象的だったのは、 場所中のとんでもない…

続きを読む

子どもは大人よりよっぽど目的志向である

2016年8月9日

子どもは大人よりよっぽど目的志向である

  先日、小学校の卒業文集を発見しました。 懐かしい顔を思い浮かべながら読んでみると、 クラスメイト一人一人が将来の夢を語っています。   おとなになったら・・・   とこやになって、 お客さんに喜んでもらいたい(仙一くん)   ピアノの先生になって、 音楽の好きな子をふやしたい(智子ちゃん)   化学者にな…

続きを読む

元中日投手・山本昌氏が「50歳まで投げられた理由」

2016年7月5日

元中日投手・山本昌氏が「50歳まで投げられた理由」

  少し前のことですが、 50歳までマウンドに立ち続けた 中日ドラゴンズの元投手・山本昌(まさ)さんの 講演を聴かせてもらいました。   通算219勝の名球会投手ですが、 「最年長記録」をなんと11個も持っています。 最年長ノーヒットノーラン(41歳1ヵ月5日) 最年長完封勝利(45歳43日) 最年長奪三振(49歳363日) 最年長先発登…

続きを読む

スクープよりも「志事」を選んだ米紙へのピューリッツァー賞

2016年5月10日

スクープよりも「志事」を選んだ米紙へのピューリッツァー賞

  GW中に、昨年度のアカデミー賞受賞作品 『スポットライト』を観ました。   米国東部の町ボストンでの カトリック教会神父の児童への性的虐待と、 隠蔽工作を図る教会の闇を暴く、 日刊紙『ボストン・グローブ』の取材チームの実話です。     以下、内容に触れるため(要するにネタバレあり) まだ観ていない方はその点をご了…

続きを読む

仕事ができる人の本当の「謙虚さ」とは?

2016年3月15日

仕事ができる人の本当の「謙虚さ」とは?

  「仕事ができる一流の人はみな謙虚である」 って、よーく聞く言葉です。   私も、「うんうん、そうだよな」と頷く方です。   基本的には尊大な人よりは謙虚な人の方が好きですが、 でも謙虚な人には2種類あるとも思っています。 すなわち、 自分で「謙虚だ」と言う人と 自分で「謙虚だ」と言わない人。     まず…

続きを読む

「あり方」の学びが人を変える

2015年11月10日

「あり方」の学びが人を変える

  先々週のコラムで、 「判断センサー」と「学習センサー」について紹介しました。 『方法論を学ぶときに気をつけるべきこと』   たとえば、講演やセミナーで話を聞くときに、 「使えるか使えないか」といった 判断視点(判断センサー)で臨むのか、 「どうしたら使えるのか、何が学べるのか」といった 学習視点(学習センサー)で臨むのか。 &nbsp…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら