櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

坂本龍馬の学習法

2015年2月3日

坂本龍馬の学習法

  坂本龍馬20歳の時に、 土佐でオランダ語の勉強を始めた時のこと。   先生が生徒の前でオランダ政体論(のようなもの)を 逐語訳して聞かせるという授業。   しばらく聞いていた龍馬が、突然、先生に向かって 「今の訳は少し違うと思います」。   全くオランダ語を知らない龍馬から そのようなことを言われた先生は、 「この…

続きを読む

『老子』の教えと金魚と麻雀と

2015年1月13日

『老子』の教えと金魚と麻雀と

  『老子』は、今から約2600年前、 紀元前6世紀ごろの古代中国の思想家の著書ですが、 今の時代に生きる我々に多くのことを語ってくれます。   『心が鎮まる老子の教え』 (王福振編・漆嶋稔訳、日本能率協会マネジメントセンター) は、老子の言葉の平易な現代語訳に加えて、 それを理解するための著者のわかりやすい解説が 豊富に加えられています…

続きを読む

「時の花」を咲かせる

2015年1月6日

「時の花」を咲かせる

  当代きっての人気狂言師、野村萬斎さん。   48歳になった昨年、 野村家に伝わる254演目の頂点に立つ一子相伝の秘曲 『狸腹鼓(たぬきのはらつづみ)』に初めて挑みました。   師匠であり父親である人間国宝の野村万作さん(83歳)の 後ろ姿をずっと追いながら生きてきた自分が この究極の演目をどう演じるのか、   苦悩…

続きを読む

成長するためには「頂点」を見るべし!

2014年12月16日

成長するためには「頂点」を見るべし!

  あるメーカーの若手エンジニアのPさんと 話をしたときのことです。   大学時代の博士課程を出て、 その専門の分野である特殊部品の 設計の仕事をしているとのこと。   仕事のことを熱く語る姿に、 「おー、いいぞ、充実しているんだろうな」 と感じました。   余計なこととは思いながらも コーチの習性として、つい 「将来…

続きを読む

ビビッてたら音楽は始まらない

2014年12月9日

ビビッてたら音楽は始まらない

  学生時代に吹奏楽をやっていたので、 このコラムでも吹奏楽ネタを時々取り上げています。   今年も、 地元千葉の市立習志野高校吹奏楽部の 定期演奏会に行ってきました。   顧問の石津谷先生とのご縁で、 本当にありがたいことですが、 毎年ご招待いただいています。     部員数200人を越える同校吹奏楽部は、…

続きを読む

40年前の造船工場実習から、いま気づいたこと

2014年10月21日

40年前の造船工場実習から、いま気づいたこと

  今回は、学生時代の話です。 当時、工学部の「造船学科」というところで学んでいました。   名前のまんまの造船マン育成学科で、 卒業生の多くが造船会社に就職しています。   現在は今風の名前に変わっていて、 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース・・・ だとか。     そこでは授業の一環として、 3年生…

続きを読む

日本は世界最大の「水族館大国」なのだが

2014年9月30日

日本は世界最大の「水族館大国」なのだが

  あなたは最近、水族館に行ったことがありますか?   まあ、最近ではなくても 何度か訪れたことはあるんじゃないでしょうか。   国際水族館フォーラム(IAF)の調査によると、 世界で一番水族館の数が多い国は そう、日本! その数70館だそうです。   四方を海に囲まれた日本は やはり「水族館大国」なんです。 &nbs…

続きを読む

ダイオウイカの2本の長~い腕から人が学ぶこと

2014年9月16日

ダイオウイカの2本の長~い腕から人が学ぶこと

  最近ゴチャゴチャと話をしているダイオウイカですが、 ご存じのように、大きなものでは全長18mにもなります。   ただ、そのうちの半分は、2本のながーーーーい腕、 すなわち「触腕(しょくわん)」です。   この触腕で狙った獲物にグルッと巻き付いて 「つ~かまえた」ちゅう訳です。     ついている吸盤もパン…

続きを読む

ダイオウイカは墨を吐くのか?

2014年9月9日

ダイオウイカは墨を吐くのか?

  最近、あちこちで ダイオウイカと深海の話をし始めたら、 ある方からこんな質問が。   「ダイオウイカって墨を吐くんですか?」   おおー、確かにイカですから、 墨を吐いてもおかしくはない。     今、深海のロマンがあなたのもとへ ダイオウイカの墨をたっぷり使った 特性イカ墨スパゲッティ新発売! &nbs…

続きを読む

チャンスは自分でつくるもの

2014年9月2日

チャンスは自分でつくるもの

  私は、大学時代は工学部で造船学を専攻していました。   ある日、大学の近くの港に『日本丸』という 帆船が入港するという情報を掴みました。   建造から50年近くたっていますが、 船員になる人たちの訓練航海船としてバリバリ現役の帆船です。     「おおーっ!これは何が何でも見に行かねば!」と 造船学科の友…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール