櫻田毅オフィシャルブログ

どんなときでもファイティング・ポーズを崩さない外資系のカルチャー

2015年4月7日

どんなときでもファイティング・ポーズを崩さない外資系のカルチャー

  企業にお勤めの管理職の方々と話していると、 よ~く耳にする言葉があります。   無意識のうちに口にされているのだとは思うのですが、 「難しい」です。   「権限委譲は、うちのメンバーじゃ難しいなー」 「年上の部下は本当に扱いが難しいよ」 「部下がミスばかりで、あーーーーー難しい」     ときには、なぜそ…

続きを読む

意図せずに、マネジメントに専念しなければならなくなったとき

2015年3月31日

意図せずに、マネジメントに専念しなければならなくなったとき

  3月のコラム 『管理職はマネジメントに専念するのが理想か?』 に対して、いくつものコメントをいただいています。   大きく分けると、 「組織の生産性、部下の育成、自分のこと、いずれの点からも、 管理職はプレーイング・マネージャー以外あり得ない」 という意見と 「会社の仕組み上、一定の年次以上になると、 マネジメントに専念することを求め…

続きを読む

「人生(LIFE)」の中にある「もし(IF)」をどう考えるかで人生が変わる

2015年3月24日

「人生(LIFE)」の中にある「もし(IF)」をどう考えるかで人生が変わる

  「人生」のことを英語で表現すると”LIFE”です。 んで、そのスペルをよーく見てみると、 LIFEの中にIF(もし)が隠されています。 もちろん、誰の人生にも「もし」があるでしょう。 でもですね、 やらなかったことを 「あのとき、もしやっていたら・・・」と考えたり 言えなかったことを 「あのとき、もし言っていたら・・・」と悔いてみたり 違う選択…

続きを読む

ブレインストーミングは役に立たない

2015年3月17日

ブレインストーミングは役に立たない

  前回のコラムで、問題解決の際の落とし穴として 「街灯シンドローム」を紹介しました。   『本質的な問題が解決しない「街灯シンドローム」』   まあ、会社に勤めているとこのような点に注意しながらも、 みんなで力を合わせて・・・って、言いかけて、 今日のテーマです。     力を合わせてアイデアを創出する一つ…

続きを読む

本質的な問題が解決しない「街灯シンドローム」

2015年3月10日

本質的な問題が解決しない「街灯シンドローム」

  今回は、まずショート・ストーリーをひとつ。   +++++ 仕事で遅くなった日の夜、 Aさんは帰宅への道を急いでいました。   自宅近くまで来たところ、 街灯の下で男が下を向いてウロウロしています。   通りすがりに 「どうかしましたか?」と尋ねると、 「家の鍵を落としてしまったんです」   それは大変だ…

続きを読む

管理職はマネジメントに専念するのが理想か?

2015年3月3日

管理職はマネジメントに専念するのが理想か?

  今回は「マネジメント」についてです。 「管理職はマネジメント業務に専念すべきでしょうか?」 かつてこのような相談を受けたことがあります。   その会社の組織運営の考え方や、 課長なのか部長なのかによっても違ってくるとは思うんですが、 まあ、そこんとこを十二分に承知した上で、あえてアドバイスをするなら、 「絶対にプレーヤーの座を手放して…

続きを読む

失敗がもたらす幸福

2015年2月24日

失敗がもたらす幸福

  まあ、好き好んで失敗をする人は あまりいないでしょうが、 でも、何かに挑戦している限り 普通に失敗はします。   「失敗は成功への一里塚」 とか 「失敗しない人はさほど賢くはない」 とか 「つまずくことが失敗ではない、 起き上がらないことが失敗である」 など、 失敗を否定せずに、成功のための糧としよう! という趣旨の格言は山のようにあ…

続きを読む

森のお師匠さんと「どんぐりの法則」

2015年2月17日

森のお師匠さんと「どんぐりの法則」

  「どんぐりの法則」という話があります。   森のお師匠さんが、 どんぐりに向かってこのように言いました。   「どんぐりよ。お前には才能がある。 夢を持って、日々精進すれば、立派なメタセコイアになれる」   翌日も、 「どんぐりよ。お前の才能は素晴らしい。 あきらめずに努力をすれば、誰もが驚く巨木になれる」 &nb…

続きを読む

吉田松陰の「優しい心」

2015年2月10日

吉田松陰の「優しい心」

前回のコラムで坂本龍馬のことを紹介しましたが、 ↓ 『坂本龍馬の学習法』 ネタ本の『司馬遼太郎が語る日本』の中に 吉田松陰も登場します。   言わずと知れた、 松下村塾で多くの人材を育てた 武士であり思想家であり教育者です。   門人には、 伊藤博文、山縣有朋、高杉晋作、木戸孝允、などなど もう、明治維新前後の傑物がゴロゴロと・・・ &n…

続きを読む

坂本龍馬の学習法

2015年2月3日

坂本龍馬の学習法

  坂本龍馬20歳の時に、 土佐でオランダ語の勉強を始めた時のこと。   先生が生徒の前でオランダ政体論(のようなもの)を 逐語訳して聞かせるという授業。   しばらく聞いていた龍馬が、突然、先生に向かって 「今の訳は少し違うと思います」。   全くオランダ語を知らない龍馬から そのようなことを言われた先生は、 「この…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら