櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

成果を出すためには「思い込み」を書き換える

2013年11月22日

成果を出すためには「思い込み」を書き換える

  部下の中の一人が、何かにつけて あなたに反抗的な態度をとっているとします。 気の弱い人は 「自分は部下から尊敬されていないダメ上司かも」 って落ち込んでしまうかもしれません。   さて、この気持ち、どうしたものか・・・   あまり考えたくもない場面ですが、 内心、このような気持ちを 何とかしたいと思っている人は少なくありませ…

続きを読む

強力な部下育成法としての「判断のトレース」

2013年11月19日

強力な部下育成法としての「判断のトレース」

  「どうしたら部下に自分でモノを考えてもらえるんでしょうか?」   かつて若手管理職との交流会みたいな場で、 こんな質問を受けたことがあります。   たしかに、部下が自分で考えようとしないことに悩む上司は メチャクチャ多いのではないかと、研修などでも感じます。   先ほどの発言を受けて、   Aさん、 そう…

続きを読む

「年をとったらもの忘れがひどくなる」はウソ?

2013年10月18日

「年をとったらもの忘れがひどくなる」はウソ?

  「ほんと、年をとるともの忘れがひどくなるわ」   まだ40代や50代にもかかわらず、 このようにつぶやく人を見たことはありませんか?   確かに、人の名前や映画のタイトルなど、 のどまで出かかっているのに 思い出せないことってよくあります。   でも、 「年をとると、もの忘れがひどくなる」 ってホントに正しいんでし…

続きを読む

100年人生が本当にやってくる

2013年7月9日

100年人生が本当にやってくる

  2013年時点の日本人の平均寿命は 男性が79.6歳、女性が86.4歳です。   厚生労働省の政策研究機関である 国立社会保障・人口問題研究所の調査によると 2050年の平均寿命予測値は男性が84.5歳、女性が91.4歳、 2095年になると、男性が89.0歳、女性が95.7歳、 もう、ざっくりと「100年人生」といってもいいぐらい、…

続きを読む

米国イェール大学の目標設定に関する「アノ調査」はガセネタだった

2013年2月19日

米国イェール大学の目標設定に関する「アノ調査」はガセネタだった

  皆さんはこのような話をご存じですか。   有名な逸話なので、聞いたことがある方も 多いのではないかと思います。   ハーバード大学とならぶ 米国の名門イェール大学での話です。     ++++++++++   60年も前の話ですが、1953年の卒業生に対して行われた ”Goal Study(目標…

続きを読む

部下を褒めるときには3つのレベルがある

2013年1月22日

部下を褒めるときには3つのレベルがある

  部下をほめて育てるべきか、 しかって育てるべきかという議論がありますが、 今回は、「ほめる」ときに知っておくべき 大切なことについてご紹介します。   部下(に限らず人)をほめるときには、 3つのレベルを意識する必要があります。   事例を挙げてみます。   ある朝、営業マンの鈴木君が出社すると、 上司の課長の松井…

続きを読む

史上最強の思考停止言葉「頑張ります!」

2013年1月8日

史上最強の思考停止言葉「頑張ります!」

  部下「頑張ります!」 上司「おお、頑張ってくれ!」 両者で何となく気持ちが通じた感を持つことができる場面です。   私達は、この「頑張ります」という言葉が大好きです。   「精一杯頑張ります!」 「去年以上に頑張ります!」 「限界に挑戦するまで頑張ります!」   やる気を表現する言葉としての使用頻度は おそらくナン…

続きを読む

人生は偶然に支配されている

2012年12月18日

人生は偶然に支配されている

  夏に行われたロンドン五輪の話題です。   アーチェリーで銀メダルを獲得した 古川高晴選手って覚えていますか?   眼鏡をかけたチョーまじめそうな、あの選手です。   その古川選手について、 興味深いインタビューがありました。   「そもそもアーチェリーを始めたきっかけは何ですか?」 という質問に対して、こ…

続きを読む

「直感力」を磨く方法

2012年9月2日

「直感力」を磨く方法

  以前、ある企業の経営者の方から このような話を伺ったことがあります。   「大事な決断はけっこう直感で決めることが多いんですよ。   理屈は後からいくらでもつけられますし」   経営レベルの判断に際しては、 必要な情報をそろえて分析を行い、 関係者で戦略の良否を議論したとしても、 絶対にこれが正しい、 といった結論に達するこ…

続きを読む

失敗して落ち込んだときの回復法

2012年5月29日

失敗して落ち込んだときの回復法

  仕事には成功と失敗がつきものです。 うまくいくときもあれば、いかないときもあります。   もちろん失敗したときには、 それを経験として成長すればいいわけですが、 「理屈ではわかっていても、落ち込んでしまって、 しばらくは前向きにはなれないんだよなあ・・・」 どこにでもありそうな独り言ですね。     私も、これまで…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール