櫻田毅オフィシャルブログ

無料メルマガ『輝業力通信』の中からピックアップした記事を掲載しています。
メルマガの登録はこちらへ

個人タクシーの運転手さんのベンツ購入の決断

2014年10月28日

個人タクシーの運転手さんのベンツ購入の決断

  もう随分前の話ですが、 うっかり終電を逃してしまって 泣く泣くタクシーで帰宅したときのことです。   道路を渡った反対車線のタクシーの溜まり場に行こうと、 信号待ちをしているとき、 横断歩道近くにポツンと1台止まっていた 個人タクシーに目をやると、 ベ、ベ、ベンツではありませんか。   反対方向ですが、迷わず乗り込んでしまい…

続きを読む

40年前の造船工場実習から、いま気づいたこと

2014年10月21日

40年前の造船工場実習から、いま気づいたこと

  今回は、学生時代の話です。 当時、工学部の「造船学科」というところで学んでいました。   名前のまんまの造船マン育成学科で、 卒業生の多くが造船会社に就職しています。   現在は今風の名前に変わっていて、 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース・・・ だとか。     そこでは授業の一環として、 3年生…

続きを読む

試験問題を解くことが得意な人、試験問題を作ることが得意な人

2014年10月14日

試験問題を解くことが得意な人、試験問題を作ることが得意な人

  少し前のことですが、 長い付き合いの知人と雑談をしていたときに、 「某外資系企業の日本法人が社長を探してるんだけど~」 ってな話になりました。     「いやいや、そんなそんな、私にはとてもとても・・・」と、 とりあえず謙虚な姿勢を見せたところ、 「いやいや、アンタは鼻から対象外ですわ。 で、だれかいい人知らない?」、 &n…

続きを読む

「あー、やってらんない!」と、ちゃぶ台返しをする前に

2014年10月7日

「あー、やってらんない!」と、ちゃぶ台返しをする前に

  将棋界で史上初の「タイトル7冠独占」を成し遂げた 最強の棋士、羽生善治さんの話です。   対局中に次の一手をどう打つか、 どんなに考えても良い案が浮かばないとき、 羽生さんは将棋盤をひっくり返すそうです。   いやいや、 星一徹のちゃぶ台返しではなく(古いっすか?)、 頭の中で将棋盤を180°回転させて、 対戦相手側から勝負…

続きを読む

日本は世界最大の「水族館大国」なのだが

2014年9月30日

日本は世界最大の「水族館大国」なのだが

  あなたは最近、水族館に行ったことがありますか?   まあ、最近ではなくても 何度か訪れたことはあるんじゃないでしょうか。   国際水族館フォーラム(IAF)の調査によると、 世界で一番水族館の数が多い国は そう、日本! その数70館だそうです。   四方を海に囲まれた日本は やはり「水族館大国」なんです。 &nbs…

続きを読む

アラブ人初の宇宙飛行士がスペースシャトルから見たもの

2014年9月23日

アラブ人初の宇宙飛行士がスペースシャトルから見たもの

  先週、幕張メッセで開催中の「宇宙博2014」に行ってきました。   宇宙船のハッチやガラス窓などの構成部品、 大気圏突入時に高熱となった司令船に触れて 焦げ跡の付いた着水用パラシュート、 NASA歴代の宇宙服、 アポロ計画時の地上運用管理センターの コントロールパネル、などなど   モノホン、いやホンモノの実物展示です!! …

続きを読む

ダイオウイカの2本の長~い腕から人が学ぶこと

2014年9月16日

ダイオウイカの2本の長~い腕から人が学ぶこと

  最近ゴチャゴチャと話をしているダイオウイカですが、 ご存じのように、大きなものでは全長18mにもなります。   ただ、そのうちの半分は、2本のながーーーーい腕、 すなわち「触腕(しょくわん)」です。   この触腕で狙った獲物にグルッと巻き付いて 「つ~かまえた」ちゅう訳です。     ついている吸盤もパン…

続きを読む

ダイオウイカは墨を吐くのか?

2014年9月9日

ダイオウイカは墨を吐くのか?

  最近、あちこちで ダイオウイカと深海の話をし始めたら、 ある方からこんな質問が。   「ダイオウイカって墨を吐くんですか?」   おおー、確かにイカですから、 墨を吐いてもおかしくはない。     今、深海のロマンがあなたのもとへ ダイオウイカの墨をたっぷり使った 特性イカ墨スパゲッティ新発売! &nbs…

続きを読む

チャンスは自分でつくるもの

2014年9月2日

チャンスは自分でつくるもの

  私は、大学時代は工学部で造船学を専攻していました。   ある日、大学の近くの港に『日本丸』という 帆船が入港するという情報を掴みました。   建造から50年近くたっていますが、 船員になる人たちの訓練航海船としてバリバリ現役の帆船です。     「おおーっ!これは何が何でも見に行かねば!」と 造船学科の友…

続きを読む

目の前にハードルが見えるうちは「青春」である

2014年8月19日

目の前にハードルが見えるうちは「青春」である

  俵万智さんの歌集『サラダ記念日』の中に このような歌があります。   「青春と いう字を書いて 横線の 多いことのみ なぜか気になる」 『サラダ記念日』(俵万智、河出書房新社)     青春時代には、 目の前に飛び越えるべきハードルが 横線のように何本も横たわっている。 それが、青春というものなのでしょうか。 &n…

続きを読む

無料メルマガ【輝業力通信】

楽しく働き成果を出す! 読むだけで元気が出てくるようなメルマガを、月2回(原則、第1、第3火曜日の朝)お届けします。

登録の解除は、いつでも自由に可能です。

  • 活力あるチームのつくり方
  • 上司と部下との人間関係
  • 仕事ができる自律型人材になるためには
  • 自己成長のための勘どころ
  • モチベーション・マネジメント など
お名前[必須]
メールアドレス [必須]
アドレス再入力
(確認用) [必須]

メールフォームはこちら

著書

外資系エグゼクティブの逆転思考マネジメント

管理職1年目の教科書: 外資系マネジャーが絶対にやらない36のルール